番組紹介

けいざいナビ 北海道

放送
毎週土曜 10:00~10:30
再放送
毎週日曜 23:00~23:30

「北海道の役に立つ」の視点から、経済関連のニュース・情報をお伝えします。ものづくりや人づくり、地域づくりに関連した特集の他、道内の製造業を紹介する「ものづくり魂」、道内の経営者の愛読書を紹介する「トップの逸本」、道内在住の外国人からみた北海道を紹介する「けいざいナビ国際学部」などのコーナーを通じて、北海道経済を動かす「今」を紹介します。

次回の放送内容

  • #8 増える子ども食堂 頼れるシェフはご近所さん

    3月25日(土)10:00~10:30、3月26日(日)23:00~23:30

    子どもの貧困や孤食が増えるなか、この1年ほどで札幌周辺に子ども食堂が相次ぎ誕生しています。
    約30にも達した「食堂」はNPOや社会福祉法人だけでなく、飲食店や学生も支え手となっています。
    運営の実態や課題を探ろうと、現場を訪ねました。

     

    子ども食堂は寄付やフードバンクを利用して、安価に食事を提供する仕組みです。
    高校生が献立作りを担う「なまら食堂」は学生の学びの場ともなり、住宅街で多いときには60人もの子どもが集まる「西の子ども食堂kaokao」は子育てを終えた近所のお母さんが運営します。
    桑園にある食事処「陸海喰」は余る食材を生かして食事を出していました。
    貧困への対策だけでなく、にぎやかな食事を通じて子どもたちの成長を手助けする狙いもあります。

バックナンバー

  • #7 広がる貨客混載 お客様は宅配便 

    3月18日(土)10:00~10:30、3月19日(日)23:00~23:30

    バスや鉄道でお客と一緒に貨物も運ぶ――。「貨客混載」が全国でじわじわと広がっています。
    北海道内でも2015年夏から4ルートの路線バスに宅配便の荷物を積んでいて、4月にはさらに拡大する見込みです。
    乗客減に苦しむバス会社と、運転手不足に悩む運送会社。
    双方の利害を一致させるコツと今後の可能性を探ります。

    名寄と士別を結ぶ名士バス。バスの座席のひとつがヤマト運輸の荷物置き場に早変わりします。
    バスは運賃を受け取れ、運送会社はドライバーの移動時間や距離を減らせます。
    航空便と連携し、逆に地元の農作物をいち早く東京に出荷もできるようになりました。
    京都では街中を走る京福電鉄が宅配便の荷物を運んでいました。
    乗客の安全を確保するため、荷物用に1車両を貸し切っています。

  • #6 新・企業城下町ものがたり 工場だけが支え手ではない

    3月11日(土)10:00~10:30、3月12日(日)23:00~23:30

    苫小牧や室蘭などの企業城下町。大工場が病院やスーパーなども運営し、地域の生活まで抱えてきました。
    ところが最近では、地域で様々な事業を手掛けるサービス業の企業が、思わぬ形で地域の支え手となっている例が目立ちます。
    カラオケ店がバスや観光船を走らせ、ガソリンスタンドが体育館の建設に…。背景と狙いを探ります。

    流氷が訪れる網走で観光船を運航するのはタカハシ。道内各地でカラオケ店を運営します。売りに出たバスやタクシーの会社も引き受け、地元の交通インフラを守ります。
    帯広で2020年に予定する新体育館の建設や管理には、セルフ型ガソリンスタンドで知られる地元のオカモトが手を挙げました。全国に展開するスポーツクラブのノウハウも生かします。
    津別にある町唯一の病院の運営は、地元の合板会社でした。

  • #5 トップアスリート育てたら 地域経済が潤う関係とは?

    3月4日(土)10:00~10:30、3月5日(日)23:00~23:30

    冬季アジア札幌大会が目前に迫り、札幌五輪の誘致も盛んになってきました。
    ウインタースポーツの本場であるべき北海道で、地元選手の育成に新たな形で力が入っています。
    単に強い選手を育てるだけではありません。設備を整えたりものづくり企業と組んだりして、トップアスリートの存在を地域経済の底上げに生かそうとしているのです。

    かつては北海道のお家芸だったスノーボードのハーフパイプ競技。近年は室内設備が整う本州勢に後れを取っています。道内でも年間を通じて練習できる施設が一昨年に開業。また、ばんけいスキー場(札幌市)では1億円以上を投じて国内最大のコースを設け、長い目で誘客を狙います。
    パラリンピック競技でもあるシットスキーでは、大学やものづくり企業が組んで器具を開発。
    クラウドファンディングで資金を募る取り組みも広がりつつあります。
    札幌市も冬季競技のナショナルトレーニングセンター構想を掲げます。地元のバイオ企業も健康づくりに絡む商品開発への波及を期待します。

  • #4 農民が作った乳業メーカー 半世紀の歩みと新戦略は?

    2月25日(土)10:00~10:30、2月26日(日)23:00~23:30

    1月23日に創業から50年を迎えたよつ葉乳業。
    誕生した当時は牛乳の買い取り価格を乳業メーカーが決めることが多く、酪農家が価格の主導権を握り経営を安定させようと、十勝の8つの農協が母体となって生まれました。
    本州や業務用の需要を開拓し、いまでは売上高1000億円を超えるまでに成長。その要因を探ります。

    ビンの牛乳による宅配が主流だった時期に、初めて紙パックを導入して一般向けの販売に対応したのがよつ葉乳業です。いまでは国内の2%強のシェアを占めます。
    北海道産の質の良さを訴え、首都圏では消費者運動と結びついた共同購入も長年続けています。
    裏方の業務用としては、脱脂粉乳がカルピスウオーターにも使われていました。

  • #3 身近な食材の底力 肉も卵もしっかり活用

    2月18日(土)10:00~10:30、2月19日(日)23:00~23:30

    鶏肉や卵といった、身近で手軽に手に入る食材を使ったビジネス。
    参入障壁が低い一方で競争も激しいこうした分野で、目立った成長を見せている企業があります。
    焼き鳥とザンギの店を組み合わせたり、B級卵をうまく活用したりと、商売の工夫と底力を探りました。

    道内シェア半分を誇る卵のホクリヨウ。本州への進出に加えて今年、新たな工場が稼働しています。大きさや殻のひびのためにパックに入らない卵を自社で割って、液卵にします。
    同じ卵でも白老町のマザーズは、自ら菓子を製造して店も開きます。
    居酒屋の「炎」と持ち帰り総菜店の「炎」。ザンギや焼き鳥を二つの出口で売ることで、伸和ホールディングスは生産性を向上。
    焼き鳥店、串鳥を運営する札幌開発(札幌市)は飛行機で東京に焼き鳥を運んでおり、近く関東にも工場を設ける考えです。

  • #2 幻の亜麻で繊維を再び 若手農家の1年に密着

    2月11日(土)10:00~10:30、2月12日(日)23:00~23:30

    札幌の「麻生」という地名に代表されるように、北海道の繊維産業を支えたひとつが亜麻(リネン)です。
    化学繊維に押されて姿を消しましたが、繊維の材料として改めて復活を目指す試みが動き出しています。
    空知の農家が幻の種「あおやぎ」を手に入れて栽培を開始。
    育成から収穫、活用法の模索など、その1年間を追いました。

    「亜麻色の髪の乙女」で知られるように、金茶色が美しい亜麻。
    国産の亜麻はテントや幌など丈夫さを生かした産業用で使われた一方、欧州ではファッションの素材で生かされました。現在、洋服などに使われる亜麻はほとんどが輸入品です。
    本業の合間を縫っての栽培では、生育がバラバラになったり、うまく繊維が取り出せなかったり。
    試行錯誤の末に見えてきたものは…

  • #1 2017年これがブレークします!

    2月4日(土)10:00~10:30、2月5日(日)23:00~23:30

    2017年、北海道の変化を先取りします。
    札幌中心部の変貌が一歩進み、北海道新幹線に続いて新しい列車が北海道に上陸。
    北海道を代表するみやげ菓子メーカーの新戦略や海外でも人気の日本酒の新酒蔵も要チェック。
    ロケットの打ち上げにも注目です。

     

    札幌駅近くには新たな顔となる複合ビル、札幌フコク生命越山ビルが3月にオープンします。チカホとつながって、地下には幅36メートルもの巨大空間が誕生。人の流れをさらに変えそうです。
    JR東日本の豪華観光列車「トランスイート四季島」が道南を巡り、大樹町のベンチャー企業であるインターステラテクロノジズは小型ロケットの宇宙への打ち上げをめざします。
    食べ物では「白い恋人」の石屋製菓が東京へ初進出し、「脱みやげ菓子」に挑みます。道内では20年ぶりとなる酒蔵が上川町に誕生する狙いも聞きました。

出演者

  • けいざいナビ 北海道

    テレビ北海道アナウンサー
    磯田彩実

ico_program 今日の
番組表
ico_cross 閉じる
  • 04:00
    CNBC ProgramNOW ON AIR
  • 05:00
    CNBC Program
  • 06:00
    Managing Asia
  • 06:30
    CNBC Program
  • 08:00
    Managing Asia
  • 08:30
    TVショッピング
  • 09:00
    Channel JAPAN
  • 10:00
    虎ノ門市場 幸せごはん漫遊記
  • 10:25
    日経CNBC BGMセレクション
  • 10:30
    TVショッピング
  • 11:00
    虎ノ門市場 幸せごはん漫遊記
  • 11:25
    日経CNBCチャンネルガイド
  • 11:30
    TVショッピング
  • 12:00
    賢者の選択 Leaders
  • 12:30
    TVショッピング
  • 13:00
    マーケッツのツボ
  • 13:40
    岡崎良介の点と線
  • 13:49
    平野憲一の投資道場
  • 14:00
    SAIが行く!〜ウーマンエコノミストの気になる今!〜
  • 14:10
    日経CNBC BGMセレクション
  • 14:15
    虎ノ門市場 幸せごはん漫遊記
  • 14:30
    TVショッピング
  • 15:00
    THE EDGE〜未来を拓く新技術を探せ!〜
  • 15:30
    TVショッピング
  • 16:00
    日経カレッジ・ラボ
  • 16:30
    TVショッピング
  • 17:00
    ザ・金融闘論
  • 17:30
    TVショッピング
  • 18:00
    Channel JAPAN
  • 19:00
    ヤバい経済学
  • 20:35
    平野憲一の投資道場
  • 20:45
    日経CNBC BGMセレクション
  • 20:50
    企業探訪シリーズ 消費者を知り、企業とつなぐインテージグループが拓く未来
  • 21:00
    GRACE of JAPAN〜自然の中の神々〜
  • 21:55
    パノラマ
  • 22:00
    世界は今世界は今-JETRO Global Eye(再)
  • 22:10
    SAIが行く!〜ウーマンエコノミストの気になる今!〜
  • 22:20
    日経CNBCチャンネルガイド
  • 22:25
    ビズ・レコ
  • 22:30
    TVショッピング
  • 23:00
    けいざいナビ北海道
  • 23:30
    THE EDGE〜未来を拓く新技術を探せ!〜
  • 24:00
    日経CNBC ドキュメンタリーアワー
  • 24:55
    日経CNBC BGMセレクション
  • 25:00
    CNBC Program
ご意見
募集中
PAGE
TOP