日経CNBCブログ
Caster's Voice

2018.01.04 (木) 曽根 純恵

2018年 戌笑う年となるか。

昨年12月23日に、「日経CNBC出演者が勢ぞろい!~日経CNBC年忘れセミナー~『大予測 2018年のマーケットはこうなる!』」が行われ、私は司会に加えて、
「経済&マーケット チャンスとリスク総点検!」のスペシャルトークにも参加
させていただきました。
年の瀬にもかかわらず、たくさんの方がお越し下さり、本当にありがとうございま
した。

2017年は北朝鮮や中東の地政学リスクも懸念されましたが、
アメリカが3回の利上げを決定しても、なんだかんだ適温相場は続き、
アメリカ株は最高値を更新。日本株は26年ぶりの高値を更新しました。

分裂や先物上場を経ながら乱高下するビットコインに注目が集まったりもしましたが、
みなさまは、2017年、どんなことが印象に残りましたか?

私は2つほど印象に残りました。
ひとつ目は、衆院選で自民党が大勝した後、材料出尽くしではなく、海外勢が
日本株を大きく買い続けたこと。
ふたつ目は、上手くいかないと言われてきた、アメリカの大型減税法案が可決、
成立したことです。
ブレグジットやトランプ大統領誕生があった2016年とは違う意味でのまさかで、
改めて政治との結びつきを強く感じさせられた一年でもありました。

では、2018年はどのような年になるでしょう。
まだ適温相場が続くような雰囲気もあるのですが、念頭に置いておきたいのは、
私達は壮大な実験の出口がどうなっていくのかは未体験であるということ。
2018年は、アメリカの利上げが続くとみられる上に、ECBの金融緩和縮小も
始まり、後半はさすがに適温が崩れてくるのではないかと懸念しています。
1月から4月の年前半は地政学リスクも加わって少し調整し、5月~8月の
年中盤で落ち着いて高値をつけ、9月~12月の年後半は下落の可能性を
考えています。
きっかけは、アメリカの長期金利の急上昇。アメリカ株安となり、最初日本株は
為替のドル高・円安にまだ支えられるも、リスクオフのドル安・円高に変わり、
日本株も後から下落するかもしれないと、今の時点では考えています。

また、注目セクターとしてお話させてもらった4つのうちのひとつが陸運でした。
地方に行った時に、欧米からの訪日客に話を聞いたところ、
「日本の伝統、文化は素晴らしい」と仰っていました。
日本の地方には良いところがたくさんあるので、これから東京以外にもリピーターが
増えるのではないかと思って挙げさせていただきました。
すると、驚いたことに、その翌日の「日経ヴェリタス」に、なんと私鉄株の特集が
組まれていました。

電車の老朽化は進んでいるでしょうから安全運転のためのメンテナンスは欠かさずして
いただきたいと思いますし、コンピューターの誤作動などにも注意していただいて、
ますます楽しい旅ができるプロジェクトを今後、打ち出していっていただきたいなと
思います。

2018年、まだまだ見通せないことが多々ありますが、マーケットと向き合い、
色んな所に足を運んで、多くの方とお話して、心で感じることを番組でお伝え
していければと思っております。
少しでもみなさまのお役に立ちますと幸いです。

投資は無理をせず、ぜひ軽やかに楽しんでいただければと思います。

さて、2017年11月から始まった「YENタメ!」見ていただいていますか。
「楽しく為替を学ぶ」をコンセプトに毎週木曜21時半からお届けしていて、
SMBC信託銀行プレスティア投資調査部長の山口真弘さんや、シニア
FXマーケットアナリストの二宮圭子さんにご出演していただいています。

実は、あのYENタメ!キャラクタのーカワセミ君の声も
私なのですよ。
わかりましたか?? 


こちらの写真は収録後に撮影したものです。




是非、ご覧になって下さいね。
今年も日経CNBCを宜しくお願い致します。

2017.12.01 (金) 佐久間 あすか

今年のヒット番付

気づいたら早くも12月!クリスマスイルミネーションで街中も華やかになってきましたね。1年ももうすぐ終わり。師走の忙しさに振り回されず、元気にラスト1ヶ月を駆け抜けていきたいものです。

今年の株式市場を振り返ってみると、日経平均株価は約26年ぶりの高値を回復。足元では、高値圏で足踏み状態ですが、アメリカの連邦公開市場委員会(FOMC)を通過し年末に向けてどのような動きを見せるのか、引き続き注目です。

今年はテーマ株物色として、AI(人工知能)や量子コンピューター、EV(電気自動車)など次世代技術が期待される銘柄がにぎわいました。一方、皆さんの身の回りの商品やサービスでは、どんなものが人気を集めていたでしょうか?まもなく日経MJの「2017年ヒット商品番付」が発表となる季節。今年はあらゆるところで「インスタ映え♪」という言葉を聞きましたが、私が今年の横綱として注目しているのは「AIスピーカー」です。アマゾンやグーグルが先行して発売し、私の周辺でも既に購入した人もちらほら見かけるほど。その友人たちに使い勝手を聞いたところ、スピーカーに声をかけて頼むと、最新のニュースを伝えてくれるほか、今日の天気や占いまで教えてくれるとのこと。まだスピーカーの反応が一部鈍いところもあるようですが、思い思いの使い方で楽しみも広がりそうです。あらゆる“モノ”がインターネットにつながる「IoT」社会が進むなか、プラットフォーマーの間でも今後どこが覇権をにぎるのか、じわり競争が繰り広げられる予感さえします。私もどこのAIスピーカーを買おうか迷っているところです。

ところで、私にとっての2017年ヒット商品はというと・・・、1番はポーラ・オルビス ホールディングスの「リンクルショット メディカル セラム」☆ちょっと値段はお高めですが、気になる目元のケアに愛用中。使い始めて1ヶ月がたちましたが、じわじわ効果がでてくることに期待しています~^^♪

2017.11.09 (木) 河野 恵

2017年を振り返る

2017年を振り返るには少し早いでしょうか。
(でも、今年も10か月が経ちましたので…)
この1年は月に3~4回、
映画館へ足を運んで多くの作品に触れることができました。

一番、心に残った作品は「ハクソー・リッジ」
第二次世界大戦・沖縄戦の話です。

まるで戦場にいるかのような物凄い迫力だったので、
思わず何度も目をつぶってしまい、つらくて、怖くて心が凍りました。

主人公は信仰から武器を持たずに、
衛生兵として命を救う戦いに挑むのですが、
負傷した兵士を『神様、あと一人…あと一人…』と自分に言い聞かせ、祈り、
体力の尽きる限りたった一人で助けていきます。

結果、75人もの兵士を助けました。

これは、実話です。

銃の代わりに信念を持って、
敵の日本兵も手当てしていきます。
彼の人間性の素晴らしいところです。

こんなにも悲惨な出来事はもう絶対起きてはいけない。
でも、今も紛争や内戦が繰り返される国があり、
世界各地でテロも発生していますし、
北朝鮮を巡る緊張もまだ続いています。

戦争は何ひとつ良いことなんてありません。

こういう映画は見ていてとても辛いのですが、
命の尊さ、大切さを身に染みて感じます。

【斎場御嶽・艦砲穴】

この映画を見て思い出したのは、今年3月に訪れた沖縄の世界遺産・斎場御嶽。
昔は男子禁制で沖縄にある御嶽の中でも最も崇高な場所であり、
パワースポットとしても知られています。
ここには沖縄戦において砲弾でできた艦砲穴があり、
今では、爪痕を残す基調な資料となっています。

厳かな雰囲気の中、
射し込んでくる光がとても美しく輝いていて、
優しい空気がそっと包み込んでくれるような感覚がありました。

心が浄化される神聖な場所です。

【おまけ写真】
ソフトクリームが大好きなわたくし。
沖縄でもいただきました。

この日は暑かったので、確か食べ終わるのに1分もかからなかったかと思います。
早食いを直さなくてはいけませんね。
よし、来年の目標にしよう!

2017.10.06 (金) 金子 恵理子

◯◯の秋

10月。秋風が心地よい季節ですね。

秋といえば…
読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋、行楽の秋…。
皆さんにとっての「秋」は何ですか?
私は、やはり「スポーツの秋」です!

10月1日は、会津若松の鶴ヶ城ハーフマラソン大会に参加。
21㎞走って、会津の郷土料理をいただいて、川のせせらぎを聞きながら露天風呂…。
毎年、楽しみにしているのです。
お城の中を走れるという全国でも珍しいコース。
年々参加者が増えています。
最高のお天気、会津の皆さんの温かい応援、目の前いっぱいに広がる黄金色の稲。
本当に気持ちの良い21キロでした。

結果は…
ネットタイム、1時間44分30秒!
女子39歳以下の部、16位!
1時間45分を切ることが目標だったので、目標達成&記録更新です!!

秋の味覚、会津のコシヒカリ、日本酒、温泉も、堪能しました。

まぁ、秋に限らず、「マラソン」と「旅行」は趣味なので、季節を問わずに楽しんでいるのですが…。

前回のブログにも少し書きましたが、7月はゴールドコーストマラソンに参加しました。
※ゴールドコーストマラソンのサイトより

目標のサブフォー(4時間切り)も達成。本当に魅力いっぱいの大会で、早くも来年の参加を決めているのですが、次回の宿泊はホテルではなく、こちらを利用しようと思っています。
<Homestay.com>
皆さん、ご存じですか??
個人宅に宿泊するというと、有名なのは、「Airbnb」ですよね。
この「Homestay.com」は、その名の通り、個人宅に泊まるだけではなく、家主との交流も楽しめるサービスなのです。

つい先日、「Homestay.com」を利用して、英国に1か月滞在したという先輩に教えていただき、早速アプリをダウンロードしてみました。
(まだ日本語版はないようです。)
ホストの顔写真、お部屋、リビング、キッチン、バスルーム、プールなど沢山の写真が掲載されており、紹介文には「空港まで迎えに行くよ」、「希望なら夕食も提供する(別料金)」などと書かれていることも。一見、ホテルのようなスタイリッシュなお部屋でも、料金はかなりリーズナブルです。
現地で暮らすようにステイしたい派にはピッタリ!
テクノロジーの進化とともに旅の楽しみ方も広がっています。
そんなわけで、来年はゴールドコーストでホームステイ&ケアンズでホテルステイの予定です。
と、その前に、この秋、もう一度フルマラソンの大会に出ます。

やはり私はスポーツの秋。

皆さんも「〇〇な秋」、楽しんでください。

2017.09.01 (金) 改野 由佳

「朝エク」コンビでミニセミナー

みなさん、ご無沙汰しています。
4月から直居アンカーとお届けしている「朝エクスプレス」はご覧いただいていますか?私は相変わらずの朝4時起き生活。夜は22時から深夜2時の“ゴールデンタイム”には必ず眠っているという、健康的な生活を続けています。

私の日々のお仕事は、「朝エクスプレス」の放送が中心なのですが、イベントなどに出かけることもあります。先日は「日経IR・投資フェア2017」に出展した日経CNBCのブースで、直居アンカーとミニセミナーをしました。


投資家の皆さんへのこんなアンケートも行いましたよ。
「1か月後の日経平均株価を予想してください!」
9月29日の終値、いくらを予想しますか?
この日(8月25日)の終値は1万9452円でした。
上か?下か?

1万9500円から2万円ちょうどと、少し高めの終値を予想する人が一番多いですね。そんな中で1万9000円割れを予想する声も多く聞かれました。不透明要素が多い9月。ECBやFOMC、北朝鮮リスクに、アメリカの政治がどうなってしまうのか。特に外部要因に振らされやすい日本株にとっては、急落の可能性が否定できないという、投資家の皆さんの見解でした。
一方で、2万500円以上という、強気な方も一定数。国内企業の業績の良さ、日本株が割安である点などが理由でした。さあ、9月相場はどうなるか。

それにしても、この日経IR・投資フェア、ものすごい活気でした。8月後半になってぶり返した暑さの中、多くの方がブースをまわっていらっしゃいました。中には、お父さんの代から株を受け継ぎ、株式投資に興味を持ち、毎年このフェアを訪れている80歳近い!女性もいらっしゃいました。娘さんと一緒に興味深く各ブースでお話を聞いていらっしゃいました。加えて、相続は株券で、ともおっしゃっていました。お父様の代から、ご自身、さらにお子さんの代まで、投資が身近にあるのですね。

活気があるといえばもうひとつ。株価(8月最終週時点)上昇中の6240:ヤマシンフィルタのブース!寄席のセットが造られていて、ひときわ目を引いていました。こういうこだわり、私は好きです。

 ページのトップへ