20th Anniversary

日経CNBCブログ
Caster's Voice

2019.04.05 (金) 曽根 純恵

次の時代をどう生きるか。

初春の 令月にして 気淑く 風和らぎ
梅は 鏡前の 粉を披き
欄は 珮後の 香を 薫らす

万葉集から初めて引用された新元号は「 令和 」になりました。

平成がまもなく終わります。
振り返ると、まず頭に浮かんだのは、日本で起きた2つの大きな災害。
そして、世界では9.11をきっかけにテロや紛争が頻発したことです。
日経平均株価は、平成元年の12月末に史上最高値3万8957円を記録。その後はバブルが崩壊し、失われた20年に突入。
平成20年9月に起きたリーマンショックを経て、平成21年3月、日経平均は7054円まで落ち込み、バブル崩壊後の最安値をつけました。この時、まさに私は東証アローズからリポート中継をしていました。
その後、米中をはじめとした世界の景気対策、中央銀行の金融緩和策などにより世界景気は立ち直り、アベノミクスも後押しとなって、日経平均は平成27年に、15年ぶりとなる2万円を回復。
平成30年1月には、2万4000円を回復し、10月には27年ぶりの高値を更新しました。
しかし、その直後から、米中貿易摩擦などを重しに年末には2万円を割り込み、
その後、アメリカFRBの金融政策の見直しなどを支えに再び買い戻されたものの、世界景気減速が意識されて上値も追えず、平成31年4月初旬、日経平均は2万1500円近辺の水準です。

私は、2001年から報道に携わり、気がつけば15年間、つまり平成の半分は、毎日マーケットを見続けてきたことになります。それはそれで興味深く、不思議なことだなぁとも思いましたが、この機会にこれから日本がどんな時代を歩んでいくのか、私なりに考えてみます。

先日、国連の関連団体が発表した世界幸福度ランキングで、日本は58位。一方、上位には北欧諸国がランクインし、2年連続トップはフィンランドでした。私にとっては、森と湖の国、ムーミンなど妖精のいる国、サンタクロースがいる国で、子どものころから一度は行ってみたい国だったフィンランドがなぜ1位なのか。その理由は3つあるように思います。

まず1つ目は「 社会保障の充実 」
充分な教育、医療を受けられ、将来不安が軽減されるはずです。フィンランドは、国民の最低限の所得を補償するベーシックインカムを2018年末まで2年間試験的に取り入れていましたが、今年は延長しませんでした。来年、どのように反映されるのか注目したいところです。

2つ目は「 自然を身近に感じていること 」
国土の70%を森が占めるフィンランドで、人々は自然と共に生きているという実感があり、偉大な自然を前に、謙虚でいられるのかもしれません。

そして、3つ目は、「 HYGGE=ヒュッゲ 」
ヒュッゲというのは北欧の幸福概念として知られ、ホッとできる居心地の良い時間や空間を持つことです。外は寒くても、家の中で柔らかな明かりを灯しながら、家族と一緒に楽しく食事をしたりして心安らぐひと時を過ごします。この習慣は、今や、イギリスやアメリカでも注目されています。

フィンランドから日本も学ぶことが多くあると思います。
平成の間に、日本の雇用環境をみると、非正規社員が増加。最近は少し是正の動きがあるものの、正社員になりたくてもなれない非正規社員はまだまだ多く、賃金格差は開いたままです。働き方改革で様々な働き方ができるのはいいことです。
しかし、日本は依然、終身雇用が根強い文化で、上の層は守られています。
私は、企業経営者が、格差是正や富の再配分について、真剣に取り組み、国が一刻も早く、消費増税だけに頼らない社会保障改革に着手し、新たな発想で、将来安心して暮らせる社会を作ることが不可欠だと思います。

国民ひとりひとりは、次の時代をどう生きるべきか。
このところ思うのは、結局、物事をどう捉えるかは自分次第だと、いこうことです。
日本人はおもてなしの国で、細やかであるがゆえに、逆にいろんなことが目についてしまうところがあります。それに、今の時代は経済格差も大きいため、人と比べてしまいがちです。
格差が是正される環境を、国や企業が整える必要がありますが、ヒュッゲの考え方のように、まず自分の内側に目を向けて様々なことに感謝し、周りの人と楽しむことを大切にすると、穏やかでいられるような気がします。居心地の良い時間、空間を増やすと、幸せが増え、心身ともに健康でいられてモチベーションもあがり、新たな発想が生まれてくるように思います。そうすることで、外の世界に挑戦できるのではないでしょうか。そして、自然と共に生きているという謙虚な姿勢もきっと大切なのでしょう。

令和の時代は、改めて「 自分はどう生きたいのか 」を考える時かもしれません。
想像し、自分の頭で考えることはとても大切です。
また、フランス経済学者ジャック・アタリが、「 これからの時代は、自分の利益よりも、他人の利益を優先する利他主義が大切になる。 」と、指摘しているように、自分だけが良いという時代ではありません。
まず、自分がどのように人と関わり、生きていきたいかを考えた上で、相手や周りの人のことを想像し、思いを馳せ、人の気持ちに寄り添い、そして、どうすべきかを自分の頭で考えると、今の時代に横たわる様々な問題も解決に向かう気がします。


自然を前にすると、人間はなにもできません。しかし、内面に目を向け、手を取り合うことで、思いもよらない、なにかを生み出す力が人間にはあるような気もしますし、
宝物が身近にあることに気がつき、知恵を加えれば、輝きを放ちます。
新年号「 令和 」には、美しく心寄せ合うことで、文化が育ち、希望や花を咲かせるという願いが込められているそうです。
まさに、意識改革をした上で、日本人本来の繊細な部分を強みにすると、企業にイノベーションが起き、日本経済にもっと面白い時代が訪れるように思います。

私自身もこのようなことを心掛け、実践していけたらと思いますし、少しでも社会の役に立てるよう歩んでいきたいです。新元号になっても、様々な場所で多くの人と出会い、かかわり、話をしながら、新たな世界が見えてくるのを楽しみにしています。

2019.03.12 (火) 佐藤 友香

新コーナー、デイリーフォーカス!

平日毎朝9時50分~放送の、
「デイリーフォーカス」が始まってから2ヶ月が経ちました。
皆さん、ご覧頂けましたか?


月曜日・火曜日は杉本アンカーの「トップに聞く」。
これまで、中国アリババの日本法人・アリババの香山社長や、
西武ホールディングスの後藤社長などにご出演頂きました。

また、「ロボティクス最前線」と題して
私たちの生活を変えうる技術の最新情報をお届けしています。


水・木・金曜日は吉野アンカーが海外情報を中心に解説。

先月は世界三大投資家の一人ともされる、ジム・ロジャーズ氏がスタジオ生出演!

また、英紙フィナンシャル・タイムズの東京支局長
ロビン・ハーディング氏は定期的にスタジオに生出演し、
日本人とは少し違った目線から解説頂いています。

その他、アメリカ市場関係者からの電話インタビューを
お伝えしているのですが、なんと、このインタビューは
日本時間 夜中3時頃に吉野アンカーが取材。
録りたて ほやほやのフレッシュな情報を毎朝お届けしているんです。

私も前日の海外動向をしっかりキャッチアップする為、
毎朝4時起きの生活にも慣れてきました。

取材経験豊富な2人のアンカーがお届けする
「デイリーフォーカス」、ぜひご覧ください!!

そして・・・日経CNBCのキャスターになってから間もなく1年。
多くの経済ニュースに触れ、外での取材のチャンスも頂きました。


1年目で1番印象的だったことは、やはり、
IMFのラガルド専務理事への記者質問の機会を頂いたこと。
総合商社からマスコミに転職した頃、
こんな機会を夢見ていた私にとって節目となる経験でした。


今後も、アンテナを多く張って、
番組を見てくださる方々に少しでも有用な情報が届けられるよう、
毎日少しずつ成長していきたいと思っています。

2019.02.07 (木) 佐久間 あすか

春のおとずれ

中国をはじめアジアでは春節シーズンに入り、今年も多くの観光客が日本に訪れる頃です。情緒あふれる景色や伝統、文化、和食など日本の良き魅力をたくさん堪能してもらいたいですね☆

最近は、モノよりコト消費にシフトしていると聞きますが、春節商戦に向けて小売店のキャッシュレス決済導入が広がり始めています。ウィーチャットペイやアリペイをはじめ、アップルペイ、LINEペイなど、ほんと様々な決済手段があるなか、日本ではどの企業が覇権を握るのでしょうか。
ちなみにヤフーとソフトバンクが手掛けるペイペイは、100億円キャッシュバックキャンペーンで一気に注目を浴び、また第2弾が今月から始まるそうですね。私もさっそくコンビニで利用してみましたが、小銭を出したりしまったりする手間が省けるのは使い勝手が良いなと感じます。ただ、まだ慣れないせいでしょうか。。。携帯のアプリを起動したりというワンアクションですら、あたふたする場面がありました。笑 
2020年の東京オリンピックを見据えて、経産省を中心にキャッシュレス化を推進していますが、キャッシュレスの浸透がどこまで広がるのか。利便性の向上も含めて注目です。

さてさて、立春もすぎ、暦の上では春到来です。
今朝、梅の花がちらほらほころんできたのを見て、思わず一枚。
こちらの御守りは、早稲田の穴八幡で冬至から節分の期間だけ授与される「一陽来復」御守りです。江戸時代から続く伝統だとか。新年度に向けて気合いを入れ直し、一日一日を大事に過ごしていきたいと思います。皆様にも春が訪れますように…☆

2019.01.11 (金) 河野 恵

2019年

新しい年が始まりました。
皆様は昨年どんな一年でしたでしょうか?
私は、仕事でいろいろな経験をさせてもらいましたが、
中でも心に深く残っているのが昨秋、特番の撮影でフランスに行ったことです。

現在、「官から民へ」を促すマクロン政権に抗議するデモが8週連続で
行われていますが、その第一弾となるデモに遭遇しました。
あの時は、まさかこんなにも長くデモが続くとは思ってもいませんでしたが、
緊縮財政に対する若者たちの反発もあの失業率の高さからすれば
仕方がないのかもしれません。

デモ翌日のパリ市内


尚、特番は来月放送の予定ですので、是非ご覧いただければ幸いです。

さて、今年は平成から次の時代へと移り変わる年です。
平成はバブル崩壊に向かう年からスタートし、
その後、大半を失われた20年という低成長の厳しい時代を過ごしました。

大手金融機関が破綻し、財閥の垣根もなくなり、昭和の後始末の25年でした。
しかしアベノミクスで2012年末以降は新たな時代に向けて修正の期間となり、
前半の就職氷河期とは一転して今は売り手市場の人手不足となっています。
その回復を成長に繋げる新たな時代が5月からスタートすることになります。
次の時代は、再び成長の時代になると期待したいです。

海外では米中貿易交渉や英国のEU離脱などがあり、
国内も消費増税や統一地方選挙、参議院選挙など重要イベントがあるので、
今年は昨年以上にマーケットに影響を与えそうなイベントが多くなります。

何かと目まぐるしい1年になりそうですが、
日々、飛び込んでくるフレッシュなニュースにしっかりと対応していきたいです。
もちろん基本となる知識の積み重ねは怠らずに。

フォンテーヌブロー宮殿内のお庭にて



今回はいつもより真面目にブログを書いてみましたが、
2019年は、また新たな一面を見ていただけたらと思います。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。
みなさまにとってこの1年が明るく穏やかな幸せを感じられるものでありますように。

2018.12.10 (月) 改野 由佳

イベントの秋、スポーツの秋

11月は、仕事・プライベート共に重要イベントが盛りだくさんでした。
そのなかでいくつか…

毎年恒例の日経フォーラム『世界経営者会議』では今年も進行を務めました。

司会台から見た会場準備中の様子



世界各国から名だたる大企業のトップが東京に集まるこの会議。
2年前2016年にはフォーラムの終盤にアメリカ大統領選でトランプ氏当確が伝わり会場からどよめきが起こりました。去年2017年には会場の帝国ホテルに来日中のトランプ大統領が宿泊していて、現場は厳重警戒。そして今年2018年はアメリカ中間選挙の日にぶつかるなど、何かとトランプ日程と重なるイベントです。今年はマーケットが落ち着いて推移していたので穏やかな気持ちで登壇者の話が聞けました。

舞台袖から見るとこんな感じ



今年のテーマは「激変に打ち勝つ経営力」
2日間にわたって行われたこの会議には、星野リゾート代表の星野佳路さんや、マーケットでも話題が尽きない資生堂の魚谷社長兼CEO、ファナックの稲葉会長兼CEOなど、変わりつつある社会環境の中でしなやかに伸び続けている企業の経営の秘訣を覗くことができた気がします。

そんな中で今回は、エアアジアグループCEOトニー・フェルナンデスさんのお話に釘付けになりました。トニーさんの親しみやすい人柄に魅了されたのかもしれません。まずその出で立ち。一流ホテルの大会場、参加者600人規模、ほとんどの方がカッチリとしたスーツ姿のなか、カジュアルなシャツにジャケット、トレードマークの赤のエアアジアのキャップをかぶって登壇されました。話しっぷりも冗談を交えながらフレンドリー。どうやら、エアアジア社内でもドレスアップするよりもドレスダウンして人の距離を縮め、社員が意見を言いやすいように気をつけていらっしゃるよう。確かにこんな方が自分のボスだったらどんなに仕事が面白いだろうかと思いました。

トニーさんにすっかり魅了された私は彼の著書「フライング・ハイ」を購入。幼少期のエピソードから、学生時代のこと、会社を立ち上げるプロセスなどが書かれているのですが、とにかく子どものころからやんちゃなトニーさん。好きなことを思う存分楽しむために一生懸命な様子が感じとれます。格安航空会社をつくった背景には子どものころから飛行機が好き、また、海外留学時代に飛行機のチケットが高くてなかなか帰省できず、航空券がもっと安ければいいのに、と思ったこともあり今の格安航空のビジネスにつながっているようです。LCCのおかげで安く旅ができるようになって喜んでいる日本人も多いですよね。私もその一人です。

さらに、音楽が大好きで音楽業界で働いたこともあるトニーさんは、日本の音楽にも精通していて、なんとAirAsiaXのXはトニーさんが好きなXJAPANのXだそう!!本当かしら?日本を愛してくださるところも嬉しいです。

さて、トニーさんのように壮大なサクセスストーリーは想像できないものの、私も自分の「好き」を考えてみました。何でしょう。体を動かすことが好き。また陸上競技やバレエの経験を通して体を整えることにも興味があります。もちろんアナウンサーとして声を使うためにもコンディショニングはとても大事。この日経CNBCのプロフィールページにも書いていますが、私はGYROKINESIS®というエクササイズの認定トレーナーです。先日、資格更新のためのティーチャーズコースを受講しました。

個性強めのメンバーと!笑


バックグラウンドも年齢も様々なメンバーと学ぶ中でまた少しGYROKINESIS®を深く知ることができたと思います。この「好き」がどこにつながるかわかりませんが、大事にしていきたいと思う今日この頃です。

 ページのトップへ