20th Anniversary

日経CNBCブログ
Caster's Voice

2019.04.05 (金) 曽根 純恵

次の時代をどう生きるか。

初春の 令月にして 気淑く 風和らぎ
梅は 鏡前の 粉を披き
欄は 珮後の 香を 薫らす

万葉集から初めて引用された新元号は「 令和 」になりました。

平成がまもなく終わります。
振り返ると、まず頭に浮かんだのは、日本で起きた2つの大きな災害。
そして、世界では9.11をきっかけにテロや紛争が頻発したことです。
日経平均株価は、平成元年の12月末に史上最高値3万8957円を記録。その後はバブルが崩壊し、失われた20年に突入。
平成20年9月に起きたリーマンショックを経て、平成21年3月、日経平均は7054円まで落ち込み、バブル崩壊後の最安値をつけました。この時、まさに私は東証アローズからリポート中継をしていました。
その後、米中をはじめとした世界の景気対策、中央銀行の金融緩和策などにより世界景気は立ち直り、アベノミクスも後押しとなって、日経平均は平成27年に、15年ぶりとなる2万円を回復。
平成30年1月には、2万4000円を回復し、10月には27年ぶりの高値を更新しました。
しかし、その直後から、米中貿易摩擦などを重しに年末には2万円を割り込み、
その後、アメリカFRBの金融政策の見直しなどを支えに再び買い戻されたものの、世界景気減速が意識されて上値も追えず、平成31年4月初旬、日経平均は2万1500円近辺の水準です。

私は、2001年から報道に携わり、気がつけば15年間、つまり平成の半分は、毎日マーケットを見続けてきたことになります。それはそれで興味深く、不思議なことだなぁとも思いましたが、この機会にこれから日本がどんな時代を歩んでいくのか、私なりに考えてみます。

先日、国連の関連団体が発表した世界幸福度ランキングで、日本は58位。一方、上位には北欧諸国がランクインし、2年連続トップはフィンランドでした。私にとっては、森と湖の国、ムーミンなど妖精のいる国、サンタクロースがいる国で、子どものころから一度は行ってみたい国だったフィンランドがなぜ1位なのか。その理由は3つあるように思います。

まず1つ目は「 社会保障の充実 」
充分な教育、医療を受けられ、将来不安が軽減されるはずです。フィンランドは、国民の最低限の所得を補償するベーシックインカムを2018年末まで2年間試験的に取り入れていましたが、今年は延長しませんでした。来年、どのように反映されるのか注目したいところです。

2つ目は「 自然を身近に感じていること 」
国土の70%を森が占めるフィンランドで、人々は自然と共に生きているという実感があり、偉大な自然を前に、謙虚でいられるのかもしれません。

そして、3つ目は、「 HYGGE=ヒュッゲ 」
ヒュッゲというのは北欧の幸福概念として知られ、ホッとできる居心地の良い時間や空間を持つことです。外は寒くても、家の中で柔らかな明かりを灯しながら、家族と一緒に楽しく食事をしたりして心安らぐひと時を過ごします。この習慣は、今や、イギリスやアメリカでも注目されています。

フィンランドから日本も学ぶことが多くあると思います。
平成の間に、日本の雇用環境をみると、非正規社員が増加。最近は少し是正の動きがあるものの、正社員になりたくてもなれない非正規社員はまだまだ多く、賃金格差は開いたままです。働き方改革で様々な働き方ができるのはいいことです。
しかし、日本は依然、終身雇用が根強い文化で、上の層は守られています。
私は、企業経営者が、格差是正や富の再配分について、真剣に取り組み、国が一刻も早く、消費増税だけに頼らない社会保障改革に着手し、新たな発想で、将来安心して暮らせる社会を作ることが不可欠だと思います。

国民ひとりひとりは、次の時代をどう生きるべきか。
このところ思うのは、結局、物事をどう捉えるかは自分次第だと、いこうことです。
日本人はおもてなしの国で、細やかであるがゆえに、逆にいろんなことが目についてしまうところがあります。それに、今の時代は経済格差も大きいため、人と比べてしまいがちです。
格差が是正される環境を、国や企業が整える必要がありますが、ヒュッゲの考え方のように、まず自分の内側に目を向けて様々なことに感謝し、周りの人と楽しむことを大切にすると、穏やかでいられるような気がします。居心地の良い時間、空間を増やすと、幸せが増え、心身ともに健康でいられてモチベーションもあがり、新たな発想が生まれてくるように思います。そうすることで、外の世界に挑戦できるのではないでしょうか。そして、自然と共に生きているという謙虚な姿勢もきっと大切なのでしょう。

令和の時代は、改めて「 自分はどう生きたいのか 」を考える時かもしれません。
想像し、自分の頭で考えることはとても大切です。
また、フランス経済学者ジャック・アタリが、「 これからの時代は、自分の利益よりも、他人の利益を優先する利他主義が大切になる。 」と、指摘しているように、自分だけが良いという時代ではありません。
まず、自分がどのように人と関わり、生きていきたいかを考えた上で、相手や周りの人のことを想像し、思いを馳せ、人の気持ちに寄り添い、そして、どうすべきかを自分の頭で考えると、今の時代に横たわる様々な問題も解決に向かう気がします。


自然を前にすると、人間はなにもできません。しかし、内面に目を向け、手を取り合うことで、思いもよらない、なにかを生み出す力が人間にはあるような気もしますし、
宝物が身近にあることに気がつき、知恵を加えれば、輝きを放ちます。
新年号「 令和 」には、美しく心寄せ合うことで、文化が育ち、希望や花を咲かせるという願いが込められているそうです。
まさに、意識改革をした上で、日本人本来の繊細な部分を強みにすると、企業にイノベーションが起き、日本経済にもっと面白い時代が訪れるように思います。

私自身もこのようなことを心掛け、実践していけたらと思いますし、少しでも社会の役に立てるよう歩んでいきたいです。新元号になっても、様々な場所で多くの人と出会い、かかわり、話をしながら、新たな世界が見えてくるのを楽しみにしています。

2018.10.03 (水) 曽根 純恵

五感で彩る季節を。

ひと雨ごとに気温が下がり、すっかり秋めいてきましたね。

秋といえば、読書の秋。
この夏、日経のイベントでご一緒させて頂いたご縁で、
奈良で創業300年を誇る、中川政七商店の十三代代表取締役社長を経て、
2018年から会長をされている中川政七さんの本を読みました。
「日本の工芸を元気にする!」(日経BP社)

中川政七商店は工芸品をベースにした生活雑貨の自社ブランドを確立し、
二子玉川高島屋や東京ミッドタウン、表参道ヒルズなど、
全国におよそ50店舗の直営店を展開しています。
麻素材などを使った雑貨を作っているほか、蚊帳生地を生かした
「花ふきん」はとても有名で、ロングセラー商品となっています。
私も使用させていただいている花ふきんは使う人の手を
優しく包み込み、心までほっと安心させてくれます。
2008年に社長に就任されてから、どのように会社を導き、
どのような人と出会い、世界が広がっていくのか。。
とても興味深く読ませて頂きました。
ものづくりと流通の両輪で日本の工芸を前に進め、その過程での
様々なエピソードや中川政七さんの考え方や判断に触れることが
できます。
「軽やかな形で、良いものを伝承していく。」
中川政七商店の誠実な姿勢が、商品の温もりに表れているのだなぁと、
改めて感じることができました。

東京でも購入できますが、やはり本場奈良にまた行ってみたいですね。
秋の紅葉はもちろんのこと、冬の奈良は雪景色が素晴らしいと、
聞いています。
自然のなかで浄化され、きっと心が静まるような気がします。
それに、麻は夏に使うと涼しく、冬は暖かくなる素材でもありますから、
これからの季節にも役立つアイテムを見つけることができそうです。
皆様も是非、この本を読みながら、奈良に出掛けてみてはいかがでしょうか。

この夏には、日経CNBCの丸ごと企画で、おススメの一冊として
「ブルーオーシャン戦略」(ダイヤモンド社)を取り上げさせて頂きました。
この夏は猛暑でしたから、みなさまに少しでも涼しい気分になって
頂ければと思って選んだのですが、ビジネス用語になっていますので、
ご存知の方も多いと思います。
ブルーオーシャン戦略とは、似通った戦略で消耗戦を繰り広げる
レッドオーシャンとは違い、新しい市場を開拓して需要を取り込み、
大きく成長し、悠々と大海を泳ぐ戦略です。
最初に読んだのは2005年に出版された時。当時感銘を受けましたが、
それから折に触れてこの話と照らしあすことが多くなりました。
少し前に新版もでていて、様々な業態や組織、団体などのブルーオーシャン
戦略を例に、イノベーション価値に繋げた話が書かれています。
このブルーオーシャン戦略は、今、日本の課題となっている働き方改革や、
副業、高齢化社会、地方創生など、幅広い分野で応用できると思いますし、
時代の変化の中にチャンスがあることに気付かされます。

経営者の著書やマーケティングの本は、経験や考え方、発想を
知ることができ、素敵な言葉にも出会えます。人生におきかえても
参考になり、まさに哲学といえます。
20年以上読んでいる日経新聞の最後のページにある、「私の履歴書」は
とても好きな欄で、日々の楽しみでもあります。

キンモクセイの香りが漂うこの季節、人の想いに触れて、足を運び、
いろいろなことを感じていきたいですね。

2018.01.04 (木) 曽根 純恵

2018年 戌笑う年となるか。

昨年12月23日に、「日経CNBC出演者が勢ぞろい!~日経CNBC年忘れセミナー~『大予測 2018年のマーケットはこうなる!』」が行われ、私は司会に加えて、
「経済&マーケット チャンスとリスク総点検!」のスペシャルトークにも参加
させていただきました。
年の瀬にもかかわらず、たくさんの方がお越し下さり、本当にありがとうございま
した。

2017年は北朝鮮や中東の地政学リスクも懸念されましたが、
アメリカが3回の利上げを決定しても、なんだかんだ適温相場は続き、
アメリカ株は最高値を更新。日本株は26年ぶりの高値を更新しました。

分裂や先物上場を経ながら乱高下するビットコインに注目が集まったりもしましたが、
みなさまは、2017年、どんなことが印象に残りましたか?

私は2つほど印象に残りました。
ひとつ目は、衆院選で自民党が大勝した後、材料出尽くしではなく、海外勢が
日本株を大きく買い続けたこと。
ふたつ目は、上手くいかないと言われてきた、アメリカの大型減税法案が可決、
成立したことです。
ブレグジットやトランプ大統領誕生があった2016年とは違う意味でのまさかで、
改めて政治との結びつきを強く感じさせられた一年でもありました。

では、2018年はどのような年になるでしょう。
まだ適温相場が続くような雰囲気もあるのですが、念頭に置いておきたいのは、
私達は壮大な実験の出口がどうなっていくのかは未体験であるということ。
2018年は、アメリカの利上げが続くとみられる上に、ECBの金融緩和縮小も
始まり、後半はさすがに適温が崩れてくるのではないかと懸念しています。
1月から4月の年前半は地政学リスクも加わって少し調整し、5月~8月の
年中盤で落ち着いて高値をつけ、9月~12月の年後半は下落の可能性を
考えています。
きっかけは、アメリカの長期金利の急上昇。アメリカ株安となり、最初日本株は
為替のドル高・円安にまだ支えられるも、リスクオフのドル安・円高に変わり、
日本株も後から下落するかもしれないと、今の時点では考えています。

また、注目セクターとしてお話させてもらった4つのうちのひとつが陸運でした。
地方に行った時に、欧米からの訪日客に話を聞いたところ、
「日本の伝統、文化は素晴らしい」と仰っていました。
日本の地方には良いところがたくさんあるので、これから東京以外にもリピーターが
増えるのではないかと思って挙げさせていただきました。
すると、驚いたことに、その翌日の「日経ヴェリタス」に、なんと私鉄株の特集が
組まれていました。

電車の老朽化は進んでいるでしょうから安全運転のためのメンテナンスは欠かさずして
いただきたいと思いますし、コンピューターの誤作動などにも注意していただいて、
ますます楽しい旅ができるプロジェクトを今後、打ち出していっていただきたいなと
思います。

2018年、まだまだ見通せないことが多々ありますが、マーケットと向き合い、
色んな所に足を運んで、多くの方とお話して、心で感じることを番組でお伝え
していければと思っております。
少しでもみなさまのお役に立ちますと幸いです。

投資は無理をせず、ぜひ軽やかに楽しんでいただければと思います。

さて、2017年11月から始まった「YENタメ!」見ていただいていますか。
「楽しく為替を学ぶ」をコンセプトに毎週木曜21時半からお届けしていて、
SMBC信託銀行プレスティア投資調査部長の山口真弘さんや、シニア
FXマーケットアナリストの二宮圭子さんにご出演していただいています。

実は、あのYENタメ!キャラクタのーカワセミ君の声も
私なのですよ。
わかりましたか?? 


こちらの写真は収録後に撮影したものです。




是非、ご覧になって下さいね。
今年も日経CNBCを宜しくお願い致します。

2017.03.03 (金) 曽根 純恵

経済のカギを握るのは…

寒くなったり、、、暖かくなったり、、、と、三寒四温を繰り返しながら、
少しずつ春に近づいていますね。

先日スタートした、月末の金曜日午後3時に退社を促す
「プレミアムフライデー」は、政府や経済界が民間企業に働き
かけて、なかなか上向いてこない消費の拡大や働き方改革を
すすめる狙いがあります。
導入した企業はまだ数パーセントのようですが、課題もある
中で、これからどこまで広がりをみせるかが注目されています。
街に出てみると、百貨店などにはいつもより人が多い様に
感じられ、プレミアムフライデーと書かれたニコリマークを
あちこちで見かけました。プレミアムフライデーのサービスや
セールなどを取り入れているお店も多く、企業側も商機に
繋がればと期待しているのでしょう。

今年に入って変わったその他のことは。。
1月30日から、東京23区などでタクシー料金の初乗りが
730円から410円に値下げされました。初乗り運賃の
見直しを求める東京の事業者から申請があり、国土交通省の
審査を経て決定されたものです。
タクシーを利用する人が減少しているので、短距離でも気軽に
乗れるという需要を掘り起こそうという狙いがあります。
試しに色々な距離で乗ってみたとろ、実感としては本当の
ちょい乗り、容易に歩けるほどの短距離ですと、これまで
より安かったのですが、2駅分以上になると、これまでより
むしろ値上がりしているみたいでした。
最初は実験的に利用してみたものの、今後は正直ちょっと
利用しづらい印象を受けてしまいました。

ゆるキャラ人気にあやかって作り過ぎてしまったゆるキャラ
たちは今やリストラにあっているようですし。。。
ふるさと納税も、地域の特産物でないものまで提供するなど、
人気を得るために返礼品が行き過ぎてしまった地域もある
ようで、是正策が検討されていたり、各地で開催される
マラソン大会も参加料金が高額になったりしているところも
あり問題視されているようです。

三寒四温ではないけれど、ムーブメントを起こす発想力は本当に
凄いと思いますので、一息ついて、そこからさらに練り直して良い
形を生み出し、再びエネルギー溢れる花が咲くことを願います。

話は変わりますが、先日、音楽劇、『 君よ、生きて 』を見に
行きました。小学生の頃、歌とピアノを教えて下さっていた
先生が出演されていて、そのお芝居と歌に、心を揺さぶられ
ました。。
純粋な心を持つキャストの皆さんのコラボレーションが素晴らし
かったですし、数時間の間に何度も何度も涙が零れました。
私は以前、仕事でシベリアに抑留された方にインタビューを
させて頂いたこともあり、その時のことが思い出され、様々な
思いが溢れてきました。。
舞台で人の想いが作り出す世界は、時空を超えて、その時の
人の気持ちに寄り添うことができ、それを同じ時間に皆で
共有することができる。。
舞台って本当に素晴らしいですよね。。
とても贅沢な時間を過ごさせて頂きました。 

舞台の中でとても素敵なフレーズがありました。
戦争で、人は何故傷つけ合うのか。。
その目は、人の良いところをみつけるために使い、その耳は
相手の言っていることに耳を傾けるために使い、その手は
愛する人を抱きしめるために使うものである。。と。

少し前に掲載されていた日経新聞の私の履歴書では日産
自動車のカルロス・ゴーン会長が、ご自身の人生から多様性の
受け入れがいかに大切かを何度も書かれ、また、グローバル化
時代のリーダーとは、階層や肩書に関係なく誰にでも敬意を
払う人だとも記されていました。

今年は私自身、心が豊かになる時間を大切にしていきたいなと
思いましたし、きっとこれからの日本の消費、世界経済も
『 心 』がカギを握っているように感じる今日この頃です。

2016.08.01 (月) 曽根 純恵

夜エクスプレス☆

4月から「夜エクスプレス」の木曜日を担当するようになって、
あっという間に3ヶ月が過ぎました。

これまで担当してきた東京市場の時間帯と違うところは、
やはりヨーロッパやアメリカ市場の状況をライブでお伝えしているところ。
ヨーロッパのECB理事会やアメリカの経済指標の内容や
それを受けての反応を真っ先に知ることができ、翌日の東京市場への
影響などを早めに考えることができます。

この3ヶ月の間に一番印象に残っているのは、6月23日木曜日の回で、
この日はブレグジットショック前のイギリスの国民投票の日でした。。

残留派優勢が伝わり、欧米株は大幅に上昇。
そして、為替はドル高•円安に触れていました。。
このような光景。。以前にもあった。。。

夜エクスプレス」に初回出演の次の日、
アンカー勢揃いの放送があった時にもお話させて頂きましたが、
これまで10年以上マーケットをみてきて私なりに思うこととして、
マーケットはそれまで違う見方をしていても、
ある日突然、特段の根拠がないのに心理が一気に逆に傾く時があり、
思考停止のようなエアポケットに入るような瞬間がある。
そして、その後、揺り戻しがくる。

まさにあの時、その状況が起きていたと思います。
はっきりとした根拠がないのに、
EU残留派優勢と伝わってきたことにマーケットは大きく反応、好感する動きとなっていました。

ですから、その日の番組の終わりのコーナー 『アンカーの目』の中で、
いまの時代、まさかということが起こったりするので、最後まで気が抜けない。
その場合、為替は円相場が対ドルで100円を突破し、
日経平均も年初来安値を更新するのではとお話をしました。。

そして、翌日。国民投票の結果は離脱となり、マーケットは一転大荒れ。
やはり揺り戻しが起きました。

ゲストの大和証券チーフテクニカルアナリストの木野内栄治さんと

このところのマーケットは、6月24日は目先、大底になるという
見方もでてくるなど、政策期待もあって落ち着いています。
ただ、ヨーロッパ、中国、日本と世界は不確実性で溢れていますし、
アメリカ大統領選も11月に控えています。

これからもゲストに来てくださる方々や、取材先のみなさんから
様々なことを吸収させて頂いて、今回の出来事もまた蓄積して、
今後も冷静に、そして謙虚に、マーケットに向き合っていけるよう
心掛けていきたいと思います。