20th Anniversary

日経CNBCブログ
Caster's Voice

2019.01.11 (金) 河野 恵

2019年

新しい年が始まりました。
皆様は昨年どんな一年でしたでしょうか?
私は、仕事でいろいろな経験をさせてもらいましたが、
中でも心に深く残っているのが昨秋、特番の撮影でフランスに行ったことです。

現在、「官から民へ」を促すマクロン政権に抗議するデモが8週連続で
行われていますが、その第一弾となるデモに遭遇しました。
あの時は、まさかこんなにも長くデモが続くとは思ってもいませんでしたが、
緊縮財政に対する若者たちの反発もあの失業率の高さからすれば
仕方がないのかもしれません。

デモ翌日のパリ市内


尚、特番は来月放送の予定ですので、是非ご覧いただければ幸いです。

さて、今年は平成から次の時代へと移り変わる年です。
平成はバブル崩壊に向かう年からスタートし、
その後、大半を失われた20年という低成長の厳しい時代を過ごしました。

大手金融機関が破綻し、財閥の垣根もなくなり、昭和の後始末の25年でした。
しかしアベノミクスで2012年末以降は新たな時代に向けて修正の期間となり、
前半の就職氷河期とは一転して今は売り手市場の人手不足となっています。
その回復を成長に繋げる新たな時代が5月からスタートすることになります。
次の時代は、再び成長の時代になると期待したいです。

海外では米中貿易交渉や英国のEU離脱などがあり、
国内も消費増税や統一地方選挙、参議院選挙など重要イベントがあるので、
今年は昨年以上にマーケットに影響を与えそうなイベントが多くなります。

何かと目まぐるしい1年になりそうですが、
日々、飛び込んでくるフレッシュなニュースにしっかりと対応していきたいです。
もちろん基本となる知識の積み重ねは怠らずに。

フォンテーヌブロー宮殿内のお庭にて



今回はいつもより真面目にブログを書いてみましたが、
2019年は、また新たな一面を見ていただけたらと思います。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。
みなさまにとってこの1年が明るく穏やかな幸せを感じられるものでありますように。

2018.08.10 (金) 河野 恵

平和への願い

花火、甲子園、夏祭り、海水浴…など夏の風物詩が楽しみな季節になりました。
しかしその一方で、8月15日は決して忘れてはいけない“終戦日”です。
終戦から73年の時が経ちました。
今回は、私が今年読んだ本の中で最も心に刺さったこちらの本を紹介します。

鴻上尚史著「不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか」(講談社現代新書)

劣勢だった戦局をうけて日本軍がとった作戦が特攻。
戦争末期、陸軍参謀に「必ず死んでこい」と言われましたが、
組織や上官の圧力には屈せず、
9回出撃し9回生還した元特攻兵の佐々木友次さんの生涯を本にしたものです。

出撃後に生きて帰ると「今度こそ必ず死んでこい」と何度も特攻に出されましたが、
体当たり攻撃ではなく爆弾を落としてアメリカ艦船を沈めることにこだわった
パイロットでした。
その間、故郷では2度も葬式を出され戦死扱いされていました。
この本は、指令を出す側ではなく、受ける側の視点で書かれた書物なので、
とても貴重で、 悲しみ、怒り、絶望、恐怖、祈り…様々な感情がこみ上げ涙が
止まらなくなりましたが、読まなければいけない本だと思いました。

命令した側、命令された側…
なぜ「特攻隊」作戦が生まれたのか、著者の鴻上尚史さんは日本人の思想や宗教観、
地政学的要因にまで言及しその背景を分析しています。

空気が流れを作る日本の悪しき伝統、
日本人の村社会的な性格は今も昔も変わらないのかもしれないと、
ふと考えさせられました。
昨今、スポーツ界や政界などで様々なニュースが飛び交っていますが、
誰かが声を上げないと隠ぺいされてしまう事実が多々あるのでしょう。


今から6年前の夏。
当時、山口県のテレビ局でアナウンサーをしていた私は、
終戦の日特集を作ることになりました。

山口県周南市の大津島には、敵の空母を沈めるため人間が操作して体当たりする
人間魚雷・回天の訓練基地跡があります。
戦時中は公にされなかった存在です。
毎年、乗組員を見送る側だった元隊員の方が終戦記念日の前後になると
東京から慰霊碑にお参りに来ると聞いて密着取材をさせていただきました。
慰霊碑の前でただただ涙を流していた姿には、とても心が締め付けられました。
見送らなければならない当事者でしかわからない極限状態の感情が、
大量の涙となって溢れていたように見えました。
そして…この取材からわずか3か月後、元隊員はがんのため旅立たれました。

この先、戦争体験者は少なくなっていき、必ずいなくなってしまいます。
そうした中で、どう語り継いでいくのか。

テレビやパソコン、スマートフォンが当たり前になっている今。
73年前までは戦時中だったとは到底想像もできないほどの経済成長をし、
豊かな生活となっていますが、二度と繰り返してはならない戦争の悲惨さを
風化しないように語り継いでいきたいです。

世界の恒久平和を願います。

2017.11.09 (木) 河野 恵

2017年を振り返る

2017年を振り返るには少し早いでしょうか。
(でも、今年も10か月が経ちましたので…)
この1年は月に3~4回、
映画館へ足を運んで多くの作品に触れることができました。

一番、心に残った作品は「ハクソー・リッジ」
第二次世界大戦・沖縄戦の話です。

まるで戦場にいるかのような物凄い迫力だったので、
思わず何度も目をつぶってしまい、つらくて、怖くて心が凍りました。

主人公は信仰から武器を持たずに、
衛生兵として命を救う戦いに挑むのですが、
負傷した兵士を『神様、あと一人…あと一人…』と自分に言い聞かせ、祈り、
体力の尽きる限りたった一人で助けていきます。

結果、75人もの兵士を助けました。

これは、実話です。

銃の代わりに信念を持って、
敵の日本兵も手当てしていきます。
彼の人間性の素晴らしいところです。

こんなにも悲惨な出来事はもう絶対起きてはいけない。
でも、今も紛争や内戦が繰り返される国があり、
世界各地でテロも発生していますし、
北朝鮮を巡る緊張もまだ続いています。

戦争は何ひとつ良いことなんてありません。

こういう映画は見ていてとても辛いのですが、
命の尊さ、大切さを身に染みて感じます。

【斎場御嶽・艦砲穴】

この映画を見て思い出したのは、今年3月に訪れた沖縄の世界遺産・斎場御嶽。
昔は男子禁制で沖縄にある御嶽の中でも最も崇高な場所であり、
パワースポットとしても知られています。
ここには沖縄戦において砲弾でできた艦砲穴があり、
今では、爪痕を残す基調な資料となっています。

厳かな雰囲気の中、
射し込んでくる光がとても美しく輝いていて、
優しい空気がそっと包み込んでくれるような感覚がありました。

心が浄化される神聖な場所です。

【おまけ写真】
ソフトクリームが大好きなわたくし。
沖縄でもいただきました。

この日は暑かったので、確か食べ終わるのに1分もかからなかったかと思います。
早食いを直さなくてはいけませんね。
よし、来年の目標にしよう!

2017.01.10 (火) 河野 恵

2017年もよろしくお願い致します

2017年になりました。
みなさまは、どんな年末年始を過ごされましたか?
私は大好きな和菓子を食べながら、のんびりとお家で過ごしておりました。
まったりが一番いいですね。

2016年は世界に多くの衝撃を与え、相場全体が壮大な「いってこい」となりました。
英国ではEU離脱を問う国民投票が可決され、
米国ではトランプ氏が次期大統領に当選。
日経平均株価が1日で1000円以上下落することや、
ドル円が一気に4円ほど円高に進むこともありました。

さて、2017年は?
トランプ氏が米国大統領に就任したり、オランダ、ドイツ、フランスでは選挙があったりと、
目が離せないイベントが目白押しで様々な節目の年となりそうですね。

実は、わたくしは今月9日で人生の節目を迎えました。
祝30歳。
新しいことにもチャレンジしたい。
まずは、2年前に途中放棄したゴルフに再挑戦します。

ただの素振りなのに、このどや顔(笑)
コースデビューはほど遠いかもしれませんが…
イメージトレーニングは欠かさずに、
そして、打ちっ放しにも行って練習を重ねていこうと思います。

仕事はじめの前日(1月3日)は、いつもの散歩コースをゆっくり歩き、リフレッシュしました。
見慣れた風景は、やはり落ち着きますね。
でも、そろそろ新しいコースを探してもいいのかもしれません。
何をするにもはじめの一歩は、勇気がいります。
ただ歩くだけなのに、新しい道を探すには気合いがいるのです。

2017年。
今こそ、私自身の構造改革をするときか!?
持ち前の「正直さ」と「粘り強さ」はなくすことなく、多くのことにチャレンジ!!
もちろんお仕事では、これからも知識の積み重ねに貪欲に取り組んでまいります。
みなさま今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2016.06.03 (金) 河野 恵

脱皮できるか、メグミの目

新年度が始まり、早二カ月が経ちました。
4月は全く余裕がなく、週末になるとグッタリでしたが、
ここのところは、平日でもお酒を飲む余力がまた出てきました。

しかし、どうしてそんなにぐったりか?

犯人は…『メグミの目』
(コメンテーターの方にズバリと疑問を投げ掛けるコーナー)


旬のテーマをお話していきますが、なにせ月曜日~金曜日まで毎日あるので、
勉強しても勉強しても追い付かない。
土日に本を読み漁り、宿題(メグミの目)をやっつける!
でも、知らないこと、わからないことが理解できたとき、なぞなぞが解けたような気が
してとても楽しいです。
私にとって経済学は、まさに、謎解き。だからこそ魅力がある。
人間でもそう、ベールに包まれている人に興味がわき、さらに知りたくなる。
そんな心理です(笑)

先日、実家のお庭でとれた佐藤錦。
5年ほど前に父が植えたのですが、やっと甘く育ちました。何事も根気が必要ですね!
日経CNBCに入って1年半以上経ちましたが、真摯に、そして前向きに
取り組んで参りますので、どうか暖かく見守っていただければと思います。



                     画像をクリックすると「メグミの目」が見れます
                       
『ポーズをつけるのはどうですか?』
ある日の会議でこう提案した私。
絶対、却下されると思っていましたが、すんなり採用。
あれれ。

そして、気づけば、なぜかタイトルコール集ができていました(笑)

ただ。
「メグミの目」のポーズ。
既にネタ切れ気味です…ごめんなさい。笑