日経CNBCブログ
Caster's Voice

2018.11.15 (木) 瀧口 友里奈

上海 弾丸レポート

こんにちは!瀧口友里奈です。
いつも番組を見てくださっている皆様(そして、そうじゃない皆様も!)キャスターブログを読んでくださりどうもありがとうございます。

さて、前回更新のキャスターブログではシリコンバレーの弾丸レポートをお届けしましたが、今回はつい先日訪れた中国・上海のレポートのダイジェストをお届けしたいと思います。

週末の一泊二日という日程で、シリコンバレー旅の時よりもさらに弾丸度を極めていたものの、スタートアップ・テクノロジーの世界でもアメリカと双璧を成す国の実態を少しでも自分の目で見てみたかったので、直接現地の空気を感じることができたのはとても貴重な経験になりました。


今回の旅のテーマは、「上海で、いかにITの世界とリアルの世界が融合し、テクノロジーが社会の中で実装されているかを体感すること」
その舞台を覗いてきました!

①スーパーマーケット
アリババのニューリテール戦略の舞台である「盒馬鮮生」


そして、競合のテンセントが運営する「超級物種」

(スーパーの中にロブスターのUFOキャッチャー)


②無人コンビニ「ゴリラコンビニ」


③無人本屋


④無人レストラン

(このボックスから食べ物が出てきます)

⑤フードデリバリー
(朝食の小籠包と肉まん。「外卖(ワイマイ)というデリバリーサービスで注文。これで送料も合わせて500円弱!何と言っても日本と比べて配送料が安いです。)

⑥滴滴出行(ディディチューシン)
(良いグレードの車を選ぶとこのようにお水がサービスで付いてきます。)

⑦シェアサイクルのmobike、ofo も体験。

この旅での移動は、全て「滴滴」とMobikeでした。

⑧新コーヒー戦争が勃発している「starbucks」vs「luckin coffee」へも。
(上海にある世界最大のスターバックス。インスタ映えや、ユーザー体験への配慮に感動しました)

(こちらはスターバックスの座を脅かす新興のluckin coffee。店舗は最小限の大きさで、アプリでの注文・配送をメインとしたコーヒー屋さんです。アプリ注文のため、店頭にはメニューらしきものはありませんでした)

そして、その他のコーヒー屋さんにも入り飲み比べ。

Symbol coffee

Pacific coffee
この旅で、一体何杯のコーヒーを飲んだことでしょう。笑

⑨上海で盛り上がっているe-sportsの競技会場にも


⑩現地のアクセラレーターやコンサルの方にもお話を伺いました。
XNode・匠新の皆様、ビービットの皆様、温かく迎えてくださりどうもありがとうございました!


それぞれの体験の詳しいリポートは、とても長くなってしまって一度にこちらの記事に書ききれないのでまた私のブログでご報告したいと思っています。

ただ、今回実際に2日間を上海で過ごしてみて…小売、交通(自動車・自転車)、決済、などなど、生活周りのあらゆるインフラがアリババ、テンセントという巨大な資本に集約されていっている様子には生々しいものがありました。

また、無人コンビニや無人本屋ではあまりうまくシステムが稼働しなかったのですが、上海に住んでいた私の友人によるとこれはよくあることで、システムが上手く稼働するかどうかの確率はおよそ50:50だそうです。

100%完璧ではない状態でも出店しているところには、良くも悪くも日本との文化の違いを感じました。

「雑」とも捉えられますが、その一方で、どんな未来像を描いているかというビジョンははっきりと見えます。

(「超級物種」の店内には、“future supermarket”の文字が。)

完璧ではない状態でも走り出すことによってデータや知見は確実に集積されていきます。進化していく社会の逞しさや躍動を前に、普段とは違う刺激をもらいました。



さて、長くなってしまいましたが、最後に番組のお知らせがあります。
11月から新番組「日経STARTUP X」がParaviでスタートしました。

未来を創るスタートアップや起業家に迫る経済トーク番組になっています。
変則的に、スタジオを飛び出して皆さんのオフィスに直接うかがってお話をききます!

初回、訪問させていただいたのは、
〝Nextユニコーン〟の雄と目される
クラウド会計サービス「freee」の佐々木大輔CEO。
五反田の素敵なオフィスで、
freeeと佐々木CEOのヒストリーや未来、
“五反田バレー”についてもうかがいました。


オフィスの社長の机の上も、色々と物色させていただきましたよ!笑


スタートアップのサービスを使う方、
スタートアップで働く方、
スタートアップの動向が気になる方、
日本の未来が気になる方へ 。

できるだけリアルなスタートアップ・経営者の方の姿をお届けできる番組にできればと思います。
日経CNBCでは12月1日(土)13:30に初回放送です。

皆さまぜひご覧ください。

2018.02.01 (木) 瀧口 友里奈

シリコンバレー弾丸レポート

2018年がスタートして早くも1か月ですが、いかがお過ごしでしょうか?

昨年の11月からお送りしている「マーケッツのツボSP」が、今年から「日経Tech Live X」として、リニューアルしました。

スタートアップ企業や革新的なテクノロジーに迫る番組で、日経新聞の論説委員兼編集委員の奥平和行さんと共に司会を務めさせていただいています。

初回の放送では、世界最大の家電見本市「CES」が開かれた、アメリカのラスベガスを中継で結び、「ラスベガスと東京でスタートアップとクルマの未来を考えよう」というテーマでお届けしました。番組の見逃し配信はこちら










スタジオには、自動運転関連事業を手掛けるスタートアップ企業ティアフォーのCTO・加藤真平さんにお越しいただきました!

さて、前回のブログでは、「ずっと行ってみたかったある場所に行ってきます」と書きましたが、その旅行についてご報告したいと思います。

行ってきたのは、アメリカのシリコンバレーです。

弾丸で、3つのオフィスを見学してきました!
Apple, Google, Facebook です。

昨年、スマホが故障してしまい、かなりの写真が消えてしまって残念なのですが、簡単にご紹介させてください。

まず、Appleは、3つの中で一番、洗練されている印象を受けたオフィスです。
(この時は、まだ「宇宙船」と呼ばれる新社屋は完成していませんでした。)

こちらはエントランス。










そして、構内にはジョブズの写真が。










今回、案内してくれたアップルのエンジニアのJonは、なんと石田絵里奈キャスターのお友達です!
石田さん、繋いでくださって本当に感謝です!









一緒に社員食堂でランチを。

食堂の中は、多国籍の人々でいっぱい。多国籍料理も並び、活気付いていました。
そのdiversityに驚き!!

日本人の私がいても、ジロジロと見られることもなく。自然に馴染めて、とても居心地の良い空間なのです。

もちろん料理もとても美味しく、Jonイチオシの名物、生オイスターもいただきました。

ランチをしながら、Jonにインタビュー。
色んなことを話してくれました

・Apple社員は、Appleの一番のファンだからこそ、一番Appleに対して厳しい批評家である

・Appleには、生態系を担っているという自負がある。
自分たちの存続、発展のためにはこの生態系を持続させることが必要で、そのためにも環境に配慮しながらの成長が不可欠であり、100%リサイクル素材だけで物を作ることを目標として宣言している。

・自分は、日本の某企業のすごいファンだけど、その企業の物作りは、現在、“技術ベース”の発想で、誰がどう必要とする商品なのかということをあまり考えられていないように思う。
Apple はいつも“problem”からスタートする。
どういうことを解決したいか?という課題から物作りを始める。
その「技術」があるから作るのではなく、課題を解決するために作るのだ。

Jonと話していると、Appleで働く楽しさややりがいがとても伝わってきて、いかに社員の方達に愛されている会社なのかがよくわかりました。

続いてむかったのは、Googleのオフィスです。








構内は設置されている自転車で移動。










オフィスの中には、トレーニング用のプールが!!







他にも、ビーチバレー場があったり、まるで大学のキャンパスのように、社員の人たちが思い思いに過ごしていました。

こちらの広場では毎週木曜日に、創業者のラリーとセルゲイが社員の人たちの前で話す時間を設けているそうです。

まるで芸人さんの漫才かのようなとてもカジュアルな雰囲気だそうで、社員の方達とのQ&Aタイムも。

そして、最後はFacebookへ!

Facebookのオフィスは、ディズニーランドの設計者と同じ方が設計しているそうで、さながらテーマパークのような造り。







中にはゲームセンターもありました!








Facebookが2014年に買収したOculus のVRも体験させていただきました。








とてもリアル!!

Facebookのオフィスは、マーク・ザッカーバーグの専属カメラマンという、Chrisが案内してくれました!








なんと、マークに引き合せようとしてくれたChrisでしたが、この時間、ちょうどマークは社員Q&Aミーティングの最中だったそうで、、残念!!

続いて、Facebook傘下のInstagramの社屋にも。

















オフィスのエントランスをくぐると、そこには“インスタ映え”スポットが待ち受けていました!








と、こんな感じで続いていった旅で、、
数々の歴史を変えるようなスタートアップ企業やテクノロジーを生み出してきたシリコンバレーのエネルギーを直に感じられ、とても刺激的でした。
次はぜひ、それらが盛んな中国の深センや、イスラエルにも行ってみたいと思います。

いつになるかはわかりませんが、その時には、またレポートを楽しみにしていただけたら嬉しいです。

そして、新番組「日経Tech Live X」も、これからよろしくお願いします!

2017.05.01 (月) 瀧口 友里奈

はじめまして!よろしくお願いします。

はじめまして!
日経CNBCのキャスターに仲間入りしました瀧口友里奈です。

すでに「ビジネスヘッドライン」や「ハーフタイムリポート~前引け情報~」でお見知りおきくださっている方ももしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、これからどうぞよろしくお願いします。

4月から番組を担当させていただいてはや1か月が経ちましたが、素敵な先輩方やスタッフの皆さんとご一緒させていただいて、毎日とっても楽しい職場です!

(この写真も、デスクがお隣の石田キャスターが撮ってくれましたよ!)



今年の3月までは、テレビ東京の朝の経済ニュース番組「Newsモーニングサテライト」を担当させていただいていました。

番組では毎朝ニューヨークと中継を結ぶので、世界がリアルにマーケットで繋がっているのだという不思議な躍動を感じました。

そして、経営者の方の“座右の書”をうかがうインタビューのコーナー(本好きとしてはたまらなかったです!)では、「人の思い」こそが、経済を動かす原動力なのだということも肌で感じられたような気がして、もっと深く「経済」の分野に携わるキャスターになりたいと思うようになりました。

4月からの「ビジネスヘッドライン」「ハーフタイムリポート~前引け情報~」では、日々の経済ニュースをタイムリーに正確にお伝えすることを心がけていますが、これから大局観をもって“経済”と向き合っていって、刻々と変化するマーケットを読み解く面白さを学び、多くの方と共有できるようになれれば…!こんなに嬉しいことはないと思います。

プライベートでは、演劇を観るのが好きで、多い時期ですと、週に一回は観に行っています!

(この写真は、最近オープンした“アジア初”客席が360度回転するシアターのこけら落とし公演に行った時です)



“モノ消費”から“コト消費”へ、とは最近よく言いますが、演劇に限らず音楽やスポーツなど何でもLIVEで体感することが大好きです。

(ノラ・ジョーンズライブ)


(WBCキューバ戦)


このGWは、ずっと取材で行ってみたかったある場所に、プライベートで行ってみることにしました!

弾丸ツアーになりそうですが…
最先端のビジネスが実際にはどんな空気の中で生み出されているのか…??
生で体感するのが楽しみです。

また、皆さんに報告できればと思います!

それでは、どうぞ素敵なGWをお過ごしください。