20th Anniversary

日経CNBCブログ
Caster's Voice

2015.12.28 (月) 曽根 純恵

ゴール

2015年のマーケットは日経平均の15年ぶりとなる2万円回復や、8月の中国ショック、
そして、アメリカの利上げと様々なことがありましたね。
みなさんにとってはどんな一年になったでしょうか。

私個人の年末の思い出深いこととしましては、
澤穂希選手の引退試合を観に行ってきたことです。
後半、ヘディングシュートを決め、皇后杯でチームを優勝に導きました。
重要なシーンでゴールを決める姿は、本当にカッコ良かったです。
これまで女子サッカーを引っ張ってきた功績といい、本当に尊敬します。

さぁ、2016年はどんな年になるのでしょうか。実り多き一年となりますように。。

今回の「ザ・金融闘論」は、
 大予測!世界と日本の金融•マーケット2016 』をテーマに、
SMBC日興証券のチーフ株式ストラテジスト阪上亮太さんと、
ウィズダムツリージャパンCEOのイェスパー・コールさんをお迎えして
議論しています。
放送日程は、2015年12月30日(水) 21:00~21:30等です。


2015年12月、アメリカのFRBがついに9年半ぶりの利上げを決定し、
その後のマーケットは不安定な状態です。

今後、為替の行方が、
金利差拡大でドル高・円安に動くという見方と、
利上げペースは緩やかになり、これまでのドル高・円安進行の巻き戻しで
ドル安・円高に動くという見方で割れているように、
アメリカ経済やアメリカ株、日本経済や日本株、新興市場においても様々な予想がされていますね。

私自身は、アメリカのISM製造業が6年ぶり低水準、非製造業も半年ぶりの低水準など
既に冴えない経済指標が気になっています。
アメリカ版シャドーバンキングの問題もありますし、
アメリカ大統領選に関する報道を見てると、根底にある格差が歪みをもたらしてるように感じます。
中国の人民元や、それを意識するアメリカの動きにも目を光らせたいです。
また日本では、低迷する個人消費や企業業績の先行きを警戒しています。

大規模な金融緩和という壮大な実験の先に、どんなゴールを決めるのか。
番組の中では時間の許す限り想像できうることを語り、2016年の注目セクターなどにも触れて頂いています。
投資戦略のヒントにして頂けますと幸いです。

2016年は個々の企業の実力をさらに見極めていくことが大切になりそうですので、
様々なニュースに敏感でありたいですし、そこから膨らみそうな事柄に興味深く臨んでいきたいと思います。