日経CNBCブログ
Caster's Voice

2016.07.04 (月) 佐久間 あすか

金特番でニューヨークに行ってきました

先日、金特番の取材でニューヨークに行ってきました。

清々しい青空の下、ニューヨークの中心部は観光客で賑わい、
活気に溢れています。
超高層ビルが建ち並ぶマンハッタンでは建設中の超高層ビルも
多く見られ、都市開発は更に進んでいる様子。
アメリカ経済の堅調さを感じる光景です。

しかし、大統領選の取材をしていくなかで、
「格差社会」の広がりも実感せざるをえません。
共和党のトランプ氏がまさかの大躍進を見せた一方で、
民主党では、ヒラリー氏が思いのほか大苦戦…。
国民のどんな思いを反映した選挙なのか、
今回の選挙戦から見える今のアメリカの姿を、
番組の中から感じていただければ幸いです。

今回の特番の取材について、このブログで
少しだけご紹介したいと思います。

番組の視聴はこちらから!
■日経チャンネルで無料配信中
「世界経済と金2016 ~どう動く政治・経済 超大国アメリカのゆくえ~」

ぜひご覧ください!

■アメリカ2つの変数 世界経済への影響は?

2016年、アメリカは政治・経済ともに重要な局面を迎えています。
①大統領は誰に決まるのか?
②次の利上げの時期はいつか?

今回の特番は、この2大テーマを中心に取材してきました。

次の大統領が誰になるかによって、世界に与える影響は
計り知れません。
世界のパワーバランスがどうなってしまうのか。
中国、ロシアといった大国の動向も気になるところ。
日本にとっては東アジアの安全保障ほか、
経済面では環太平洋経済連携協定(TPP)などの行方を考えても
大きな問題といえそうです。

■7月の党大会を前に 党内結束できるのか
6月7日
この日はアメリカ6つの州で大統領選の予備選が行われました。
私たち取材班は、ニューヨークのお隣、ニュージャージー州選の現場へ。

平日ですが、街中の投票所には朝から有権者の姿が見られました。

前の日には、民主党ヒラリー氏の指名獲得が確実になったと
報じられたばかりです。
そんな中、サンダース氏に投票した有権者に話を聞くと、
「まだ諦めるのは早い!」最後まで応援するという声も聞かれます。

ここまでの指名獲得争いで苦戦した印象がぬぐえないヒラリー氏の一方で、
追い上げを見せたサンダース氏の選挙事務所へ行ってみると…。

NYから車で1時間。
サンダース氏の事務所は、郊外のショッピングセンターの一角に
ありました。
空きテナントを事務所にし、お隣には、日本でお馴染みの「KUMON」
そして、空手教室!?も。

有権者による寄付で選挙資金を賄っているサンダース氏。

事務所内は明るく、内装も手作り感があって、和気あいあいとした
サークルのような雰囲気です。
報じられているように圧倒的に若い支持者が多いという印象です。
日本で行われる国政選挙の事務所と雰囲気がガラリと違うのには
驚きました。

選挙戦がスタートしてからずっとこの事務所でボランティアを続けてきた
女子大生をはじめ、支持者らに話を聞くと、
学生の「将来が不安。健康保険など社会保障政策に期待する」との声や、
男性からは「ウォール街への不満」も耳にしました。

ヒラリー氏の指名獲得が確実と言われながらも、なぜサンダース氏を支持し
続けるのか話を聞くと、「民主党が今後、結束を強めていく上で、自分の
意思、主張を最後まで伝える事が大事だ」という声も。
思い思いの気持ちを胸に自分も政治に参加するのだという一票の大切さ。
「民主主義」について、改めて考えさせられる一面でもありました。
予想外の展開を見せた今回の選挙戦は、広がる格差を鮮明に
映し出しています。

■ジム・ロジャーズ氏との対談も

6月23日に行われるイギリスの国民投票を前にEU離脱への懸念から、
金価格の上昇が目立ちました。
直近ではリスク回避の動き、またアメリカのFOMCでは、6月の利上げを
見送ったことからNYの金先物相場は一時1300ドル台にのせ、
1年10ヶ月ぶりの高値水準をつけました。

先日、ジョージ・ソロス氏が「金」への投資を増やしていたというニュースが
話題になりましたが、ロジャーズ氏のスタンスは??また、注目する市場は…
ぜひ特番をごらんください!!