日経CNBCブログ
Caster's Voice

2017.04.03 (月) 田村 麻実

新年度、新たな挑戦

新年度がスタートしました。
入学、入社、引っ越しなど、新しいスタートを切った方も多いことでしょう。

昨年度、東京工科大学日本工学院の非常勤講師として、
声優を目指す学生にしゃべりの指導をしてきましたが、
私の教え子たちも3月に卒業し、それぞれ新しい一歩を踏み出しました。
卒業を前に、教え子たちにお誘いをいただき、
先日、彼らが出演する「朗読劇」を鑑賞してきました。
声優劇とは、通常の舞台とは異なり、台本を覚えるのではなく、
舞台の上で役者が台本を持ってスタンドマイクの前で芝居を進めていく上演スタイルです。
声優劇を鑑賞するのは、初めてだったのですが、
声の演技だけでここまでも情景や場面描写ができるのかと、
彼らの「感情を音にして出す技術の高さ」に
同じ「声」を扱う仕事をしている立場として感激しました。
というのも、基本的にアナウンサーには、演技の研修というものはありませんが、
声優を目指す彼らは、演技をはじめ、「感情解放」という授業なども習ってきているのです。
昨年度1年間を振り返っても、教え子に教わることだらけの1年でした。

さて、
ここからは、私自身のことですが、
アナウンサーになってからは、
番組改編などがある新年度の始まり4月は、1年で最も気持ちが引き締まる時期です。

昨年度は、毎日ニュースを中心にお伝えすることが多かった私ですが、
今年度は、
朝エクスプレス」、「昼エクスプレス」、「ラップトゥデイ」、「FX経済研究所」と
広く担当することになりました。

中でも一番ワクワク楽しみなのが、東京証券取引所からのアローズ中継です!
先日、スタッフ陣とアローズ内にある中継ブースに研修に行ってきました。



アナウンサーになってからのこの10年、
現場に行って取材することを何よりも一番大切にしてきました。
そしてアナウンサーの仕事の中で最も大好きなのが中継の仕事です。
念願かなってスタジオから外に出られるとは・・・感激と感謝の気持ちでいっぱいです。
現場ならではの空気感をお伝えできればと思います。

また昨年度は、毎月、東証のセミナーに参加させていただいていたこともあり、
東証は、私にとって大切な勉強場所の1つ。
その東証からの中継ということで、一段と気持ちが引き締まっています。

アローズ中継では、
寄り付き前の今日の動向、注目材料、寄り付きの様子などを
お伝えする予定です。

まだまだ勉強途中ではありますが、
今年度も体当たりでがんばりますので、どうぞよろしくお願いいたします!