日経CNBCブログ
Caster's Voice

2018.02.01 (木) 瀧口 友里奈

シリコンバレー弾丸レポート

2018年がスタートして早くも1か月ですが、いかがお過ごしでしょうか?

昨年の11月からお送りしている「マーケッツのツボSP」が、今年から「日経Tech Live X」として、リニューアルしました。

スタートアップ企業や革新的なテクノロジーに迫る番組で、日経新聞の論説委員兼編集委員の奥平和行さんと共に司会を務めさせていただいています。

初回の放送では、世界最大の家電見本市「CES」が開かれた、アメリカのラスベガスを中継で結び、「ラスベガスと東京でスタートアップとクルマの未来を考えよう」というテーマでお届けしました。番組の見逃し配信はこちら










スタジオには、自動運転関連事業を手掛けるスタートアップ企業ティアフォーのCTO・加藤真平さんにお越しいただきました!

さて、前回のブログでは、「ずっと行ってみたかったある場所に行ってきます」と書きましたが、その旅行についてご報告したいと思います。

行ってきたのは、アメリカのシリコンバレーです。

弾丸で、3つのオフィスを見学してきました!
Apple, Google, Facebook です。

昨年、スマホが故障してしまい、かなりの写真が消えてしまって残念なのですが、簡単にご紹介させてください。

まず、Appleは、3つの中で一番、洗練されている印象を受けたオフィスです。
(この時は、まだ「宇宙船」と呼ばれる新社屋は完成していませんでした。)

こちらはエントランス。










そして、構内にはジョブズの写真が。










今回、案内してくれたアップルのエンジニアのJonは、なんと石田絵里奈キャスターのお友達です!
石田さん、繋いでくださって本当に感謝です!









一緒に社員食堂でランチを。

食堂の中は、多国籍の人々でいっぱい。多国籍料理も並び、活気付いていました。
そのdiversityに驚き!!

日本人の私がいても、ジロジロと見られることもなく。自然に馴染めて、とても居心地の良い空間なのです。

もちろん料理もとても美味しく、Jonイチオシの名物、生オイスターもいただきました。

ランチをしながら、Jonにインタビュー。
色んなことを話してくれました

・Apple社員は、Appleの一番のファンだからこそ、一番Appleに対して厳しい批評家である

・Appleには、生態系を担っているという自負がある。
自分たちの存続、発展のためにはこの生態系を持続させることが必要で、そのためにも環境に配慮しながらの成長が不可欠であり、100%リサイクル素材だけで物を作ることを目標として宣言している。

・自分は、日本の某企業のすごいファンだけど、その企業の物作りは、現在、“技術ベース”の発想で、誰がどう必要とする商品なのかということをあまり考えられていないように思う。
Apple はいつも“problem”からスタートする。
どういうことを解決したいか?という課題から物作りを始める。
その「技術」があるから作るのではなく、課題を解決するために作るのだ。

Jonと話していると、Appleで働く楽しさややりがいがとても伝わってきて、いかに社員の方達に愛されている会社なのかがよくわかりました。

続いてむかったのは、Googleのオフィスです。








構内は設置されている自転車で移動。










オフィスの中には、トレーニング用のプールが!!







他にも、ビーチバレー場があったり、まるで大学のキャンパスのように、社員の人たちが思い思いに過ごしていました。

こちらの広場では毎週木曜日に、創業者のラリーとセルゲイが社員の人たちの前で話す時間を設けているそうです。

まるで芸人さんの漫才かのようなとてもカジュアルな雰囲気だそうで、社員の方達とのQ&Aタイムも。

そして、最後はFacebookへ!

Facebookのオフィスは、ディズニーランドの設計者と同じ方が設計しているそうで、さながらテーマパークのような造り。







中にはゲームセンターもありました!








Facebookが2014年に買収したOculus のVRも体験させていただきました。








とてもリアル!!

Facebookのオフィスは、マーク・ザッカーバーグの専属カメラマンという、Chrisが案内してくれました!








なんと、マークに引き合せようとしてくれたChrisでしたが、この時間、ちょうどマークは社員Q&Aミーティングの最中だったそうで、、残念!!

続いて、Facebook傘下のInstagramの社屋にも。

















オフィスのエントランスをくぐると、そこには“インスタ映え”スポットが待ち受けていました!








と、こんな感じで続いていった旅で、、
数々の歴史を変えるようなスタートアップ企業やテクノロジーを生み出してきたシリコンバレーのエネルギーを直に感じられ、とても刺激的でした。
次はぜひ、それらが盛んな中国の深センや、イスラエルにも行ってみたいと思います。

いつになるかはわかりませんが、その時には、またレポートを楽しみにしていただけたら嬉しいです。

そして、新番組「日経Tech Live X」も、これからよろしくお願いします!