20th Anniversary

日経CNBCブログ
Caster's Voice

2018.10.03 (水) 曽根 純恵

五感で彩る季節を。

ひと雨ごとに気温が下がり、すっかり秋めいてきましたね。

秋といえば、読書の秋。
この夏、日経のイベントでご一緒させて頂いたご縁で、
奈良で創業300年を誇る、中川政七商店の十三代代表取締役社長を経て、
2018年から会長をされている中川政七さんの本を読みました。
「日本の工芸を元気にする!」(日経BP社)

中川政七商店は工芸品をベースにした生活雑貨の自社ブランドを確立し、
二子玉川高島屋や東京ミッドタウン、表参道ヒルズなど、
全国におよそ50店舗の直営店を展開しています。
麻素材などを使った雑貨を作っているほか、蚊帳生地を生かした
「花ふきん」はとても有名で、ロングセラー商品となっています。
私も使用させていただいている花ふきんは使う人の手を
優しく包み込み、心までほっと安心させてくれます。
2008年に社長に就任されてから、どのように会社を導き、
どのような人と出会い、世界が広がっていくのか。。
とても興味深く読ませて頂きました。
ものづくりと流通の両輪で日本の工芸を前に進め、その過程での
様々なエピソードや中川政七さんの考え方や判断に触れることが
できます。
「軽やかな形で、良いものを伝承していく。」
中川政七商店の誠実な姿勢が、商品の温もりに表れているのだなぁと、
改めて感じることができました。

東京でも購入できますが、やはり本場奈良にまた行ってみたいですね。
秋の紅葉はもちろんのこと、冬の奈良は雪景色が素晴らしいと、
聞いています。
自然のなかで浄化され、きっと心が静まるような気がします。
それに、麻は夏に使うと涼しく、冬は暖かくなる素材でもありますから、
これからの季節にも役立つアイテムを見つけることができそうです。
皆様も是非、この本を読みながら、奈良に出掛けてみてはいかがでしょうか。

この夏には、日経CNBCの丸ごと企画で、おススメの一冊として
「ブルーオーシャン戦略」(ダイヤモンド社)を取り上げさせて頂きました。
この夏は猛暑でしたから、みなさまに少しでも涼しい気分になって
頂ければと思って選んだのですが、ビジネス用語になっていますので、
ご存知の方も多いと思います。
ブルーオーシャン戦略とは、似通った戦略で消耗戦を繰り広げる
レッドオーシャンとは違い、新しい市場を開拓して需要を取り込み、
大きく成長し、悠々と大海を泳ぐ戦略です。
最初に読んだのは2005年に出版された時。当時感銘を受けましたが、
それから折に触れてこの話と照らしあすことが多くなりました。
少し前に新版もでていて、様々な業態や組織、団体などのブルーオーシャン
戦略を例に、イノベーション価値に繋げた話が書かれています。
このブルーオーシャン戦略は、今、日本の課題となっている働き方改革や、
副業、高齢化社会、地方創生など、幅広い分野で応用できると思いますし、
時代の変化の中にチャンスがあることに気付かされます。

経営者の著書やマーケティングの本は、経験や考え方、発想を
知ることができ、素敵な言葉にも出会えます。人生におきかえても
参考になり、まさに哲学といえます。
20年以上読んでいる日経新聞の最後のページにある、「私の履歴書」は
とても好きな欄で、日々の楽しみでもあります。

キンモクセイの香りが漂うこの季節、人の想いに触れて、足を運び、
いろいろなことを感じていきたいですね。