20th Anniversary

日経CNBCブログ
Caster's Voice

2018.12.10 (月) 改野 由佳

イベントの秋、スポーツの秋

11月は、仕事・プライベート共に重要イベントが盛りだくさんでした。
そのなかでいくつか…

毎年恒例の日経フォーラム『世界経営者会議』では今年も進行を務めました。

司会台から見た会場準備中の様子



世界各国から名だたる大企業のトップが東京に集まるこの会議。
2年前2016年にはフォーラムの終盤にアメリカ大統領選でトランプ氏当確が伝わり会場からどよめきが起こりました。去年2017年には会場の帝国ホテルに来日中のトランプ大統領が宿泊していて、現場は厳重警戒。そして今年2018年はアメリカ中間選挙の日にぶつかるなど、何かとトランプ日程と重なるイベントです。今年はマーケットが落ち着いて推移していたので穏やかな気持ちで登壇者の話が聞けました。

舞台袖から見るとこんな感じ



今年のテーマは「激変に打ち勝つ経営力」
2日間にわたって行われたこの会議には、星野リゾート代表の星野佳路さんや、マーケットでも話題が尽きない資生堂の魚谷社長兼CEO、ファナックの稲葉会長兼CEOなど、変わりつつある社会環境の中でしなやかに伸び続けている企業の経営の秘訣を覗くことができた気がします。

そんな中で今回は、エアアジアグループCEOトニー・フェルナンデスさんのお話に釘付けになりました。トニーさんの親しみやすい人柄に魅了されたのかもしれません。まずその出で立ち。一流ホテルの大会場、参加者600人規模、ほとんどの方がカッチリとしたスーツ姿のなか、カジュアルなシャツにジャケット、トレードマークの赤のエアアジアのキャップをかぶって登壇されました。話しっぷりも冗談を交えながらフレンドリー。どうやら、エアアジア社内でもドレスアップするよりもドレスダウンして人の距離を縮め、社員が意見を言いやすいように気をつけていらっしゃるよう。確かにこんな方が自分のボスだったらどんなに仕事が面白いだろうかと思いました。

トニーさんにすっかり魅了された私は彼の著書「フライング・ハイ」を購入。幼少期のエピソードから、学生時代のこと、会社を立ち上げるプロセスなどが書かれているのですが、とにかく子どものころからやんちゃなトニーさん。好きなことを思う存分楽しむために一生懸命な様子が感じとれます。格安航空会社をつくった背景には子どものころから飛行機が好き、また、海外留学時代に飛行機のチケットが高くてなかなか帰省できず、航空券がもっと安ければいいのに、と思ったこともあり今の格安航空のビジネスにつながっているようです。LCCのおかげで安く旅ができるようになって喜んでいる日本人も多いですよね。私もその一人です。

さらに、音楽が大好きで音楽業界で働いたこともあるトニーさんは、日本の音楽にも精通していて、なんとAirAsiaXのXはトニーさんが好きなXJAPANのXだそう!!本当かしら?日本を愛してくださるところも嬉しいです。

さて、トニーさんのように壮大なサクセスストーリーは想像できないものの、私も自分の「好き」を考えてみました。何でしょう。体を動かすことが好き。また陸上競技やバレエの経験を通して体を整えることにも興味があります。もちろんアナウンサーとして声を使うためにもコンディショニングはとても大事。この日経CNBCのプロフィールページにも書いていますが、私はGYROKINESIS®というエクササイズの認定トレーナーです。先日、資格更新のためのティーチャーズコースを受講しました。

個性強めのメンバーと!笑


バックグラウンドも年齢も様々なメンバーと学ぶ中でまた少しGYROKINESIS®を深く知ることができたと思います。この「好き」がどこにつながるかわかりませんが、大事にしていきたいと思う今日この頃です。