当ページからマネックス証券の日本株取引ツール「トレードステーション」に口座開設をされた方、限定で特典がございます。
PR
マネックス証券「トレードステーション」×日経CNBC限定キャンペーン実施中
メイン画像
口座開設申込みにあたりワークスペース入手までの流れを事前にご確認ください。
操作画面a
操作画面b
このWebサイト経由で口座開設申込みを行い、口座開設完了したお客様限定
Bコミ氏が監修したワークスペース(トレードステーションの画面レイアウト)をプレゼントします。
キャンペーンの内容は、予告なく変更または中止となる場合がございますのであらかじめご了承ください。
【本キャンペーンは終了しました】
こころトレード研究所所長 投資家
Bコミ(坂本 慎太郎)氏
2002年から6年間証券会社のディーラーとして株式と先物の売買を経験。 2008年から株式会社かんぽ生命保険に転じ、債券や株式のファンドマネージャーや運用計画の策定等の運用業務に携わる。 かんぽ生命退職後、個人投資家育成のため、中級者の個人トレーダーのスキルの穴埋めを目的としたこころトレード研究所を運営。 日本株を中心に短期は板読み、中長期はマクロ経済の方向感を押さえつつ、業績や資金動向等の需給に重きを置いた運用を行っている。 株式以外には債券、不動産、太陽光発電所等、様々な投資を行っている。
キャンペーン適用に関する注意事項
【本キャンペーンは終了しました】
2019年9月30日まで当ページからマネックス証券の日本株取引ツール「トレードステーション」の
新規口座開設を完了された方にワークスペースをプレゼント!
キャンペーン概要
キャンペーン期間中に当ページ経由で、新規口座開設を完了されたお客様にBコミ氏監修のワークスペースをプレゼントいたします。
キャンペーン期間
2019年7月15日(月)~ 2019年9月30日(月)
キャンペーン適用に関する注意事項
既にトレードステーションの口座をお持ちのお客様は(現在は解約しており再度口座開設されたお客様含む)、その理由を問わず対象外となります。
※その他、悪質な利用などが確認できた場合、または当社が不適切と判断した場合には上記の理由以外でも承認を却下させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。
口座開設申込月後3ヶ月以内に口座開設を完了された方のみ対象となります。
※口座開設とは、マネックス証券より本人限定受取郵便で郵送されるID・パスワードの受領をさします。
本ページから口座開設申込みを完了する途中にブラウザを閉じる、他サイト経由でお申込みするなどの場合、対象キャンペーン経由でお申込みいただいた履歴が残らない場合がございます。記録が保存されていない場合、キャンペーン対象外となりますのでご注意ください。
キャンペーン期間終了間近のお申込みはキャンペーン対象外となる場合がございますので、余裕を持ってお申込みください。
新規口座開設申込み時にWebブラウザのクッキー設定を有効にされていない環境でお申込みされた場合対象外となります。
キャンペーンの内容は、予告なく変更又は中止となる場合がございますので予めご了承ください。
本特典のワークスペースはインディ・パ株式会社により開発したものとなり、マネックス証券ならびに日経CNBCはその内容の保証、取引における利益を保証するものではありません。
本キャンペーンのお問合せ先は、開発元であるインディ・パ株式会社となり、マネックス証券株式会社ならびに日経CNBCへお問合せをされてもご回答できかねます。インディ・パ社のお問合せフォーム
※キャンペーン適用の有無に関するお問合せには、原則お答えいたしません。
※お問合せ内容により、返答にお時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。
本キャンペーンはインディ・パ株式会社が企画運営しております。当キャンペーンの適用をご希望される方は、インディ・パ株式会社の「個人情報保護方針」に同意のされたものといたします。インディ・パ株式会社の「個人情報保護方針」はこちら
ワークスペース入手までの流れ
本キャンペーン対象のお客様には、マネックス証券より毎月20日頃までに登録メールアドレス宛に本特典ワークスペースをメールにてお送りさせていただきます。
※ワークスペースの到着まで口座開設完了日から最大で1か月程度お時間をいただく可能性があります。
口座開設申込みにあたりワークスペース入手までの流れを事前にご確認ください。

4000銘柄以上の上場銘柄を自分の好きな条件に基づいて毎日スクリーニングすることは、かなり面倒な作業です。 トレードステーションのアプリケーション「スキャナー」を使えば、トレードステーションを起動しておくだけで毎日決まった 時間に自動的にスクリーニングを行うことができます。
Bコミ氏監修
ワークスペースの内容
(スクリーニング設定)
Bコミ氏おすすめスクリーニング条件/プレゼント対象となるスクリーニング条件は以下の3種類です。
52週乖離率10%以下、売上・利益10%増、52週移動平均線からの乖離率が10%と少ないもの、かつ売上と利益が前年度比10%以上増加している業績が好調な企業をスクリーニングします。
200銘柄バスケット。Bコミ氏の著書でも紹介されている信用取組情報を元にセレクトする「200銘柄バスケット」をスクリーニングします。
売上営業利益高成長(売上高や営業利益)が前年度比で一定程度以上(30%、この数値は変更可能です。)成長している企業をスクリーニングします。
口座開設申込みにあたりワークスペース入手までの流れを事前にご確認ください。
プロの分析の着眼点、トレード戦略を参考にできる便利な機能「トレードステーション」のワークスペースとは? プロの分析の着眼点、トレード戦略を参考にできる便利な機能「トレードステーション」のワークスペースとは?
ワークスペースとはトレードステーションの画面構成を記録したものです。
ワークスペース用に制作された専用ファイルをダウンロードすることで保存された各ウィンドウの配置や設定した指標、数値等を呼び出すことができます。
日本株取引ツール「トレードステーション」とは 日本株取引ツール「トレードステーション」とは
米国で先進性、機能性において数々の最高評価を受けてきたトレーディングツールが、日本株対応。
トレードステーションであなたのトレードが変わる。
圧倒的な高機能。アクティブ・トレーダーなら一見の価値あり。
「トレードステーション」は、先進性、機能性において数々の最高評価を受けてきた、TradeStation社の根幹とも言える取引ツールです。 米国では発注スピード最優先のデイトレーダーから緻密なシステムトレーダーまで、様々なタイプのトレーダーが使用しています。 この先進の取引ツールの日本株版を、日本のアクティブ・トレーダーの皆様に満を持してお届けします。 これまでの日本株取引ツールにはない機能を多数備えたトレードステーションの実力を、是非お確かめください。
様々なタイプのトレーダーに向けた豊富な機能。機能をフル活用するための充実のサポート体制
TradeStation社の創業者は、自らのトレードアイディアのテストと実行のために、トレードステーションを開発しました。 誕生以来、様々なタイプのトレーダーが求めるものを実現する機能追加、改良を繰り返してトレードステーションは進化を続けてきました。 最初はその機能の多さに驚くかもしれませんが、心配は無用です。 専用のサポートサイトや、トレーディングツールに精通したオペレーターのいるコールセンターを通じて全面サポートいたします。
「トレードステーション」の主な機能
レーダースクリーン
(銘柄ボード)
株価ボードの常識を覆す、高機能情報ツールです。2,000銘柄を超える銘柄の登録、ソートの実行、200以上の利用可能な指標で、それぞれにアラートが設定可能です。
マトリックス
(板情報)
デイトレードで威力を発揮する板発注画面。スピーディなワンクリック注文、連続注文にも対応。
取引機能
(クイックトレードバー、チャート取引、トレードマネージャー )
トレードステーションなら、通常の注文メニュー以外でも、様々な状況から少ないステップで発注が可能です。
チャート分析
圧倒的な数を誇るテクニカル/ファンダメンタル指標、チャート発注機能からシステムトレード機能まで備えています。画面構成のカスタマイズも自由自在。
注文機能
「オーダーバー」は条件を一つずつ入力していく基本的な注文画面ですが、連続注文から、トレール注文、時間指定注文など、他の株式取引ツールにはない複雑な条件を組み合わせを駆使した注文も可能です。
マルチビューア
立会中に大量の銘柄をチェックするトレーダーには便利なチャート一覧ツール「マルチチャートビューア」をご用意しています。
アルゴ取引
(マネックスアルゴ)
取引したい銘柄と別の銘柄の株価をトリガーにして発注したり、注文株数をランダムに分割して発注するなど、プロが行うような高度な注文設定が可能になります。
情報
(ホットリスト・スキャナー・ニュース)
いま動いている銘柄を見つけるランキング機能「ホットリスト」、多彩な条件の組み合わせでスクリーニングを行える「スキャナー」は、銘柄選びの強い味方です。
システムトレード
(自動売買)
売買戦略をチャート上に描画し、トレードのバックテスト、パフォーマンス検証、最適化、さらに注文の自動化までが、特別なプログラミング知識を必要とせず実行可能です。
取引手数料・費用
高機能ツール、トレードステーションを一人でも多くの投資家に使ってほしい。 その思いから、トレードステーションはツール利用料無料、取引手数料は取引金額に応じて3つコースをご用意しています。 定額制で投資家にうれしい料金体系となっています。
選べる3つの一日定額プラン
1日の約定金額の合計額に対して取引手数料を計算する、一日定額プランを採用しています。
ミニ
プラン
1日の約定金額
10
円ごと
取引手数料
(税抜)
50
ノーマル
プラン
1日の約定金額
100
円ごと
取引手数料
(税抜)
400
ラージ
プラン
1日の約定金額
1,000
円ごと
取引手数料
(税抜)
3,250
※ 1日の約定金額は、現物取引と信用取引の合計額です。
ご注意事項
  • 初期設定は「ノーマルプラン」となっておりますが、証券総合取引口座ログイン後の画面から「ミニプラン」に変更することができます。
  • ラージプランは信用取引口座開設済みのお客様のみお選びいただけます。ラージプランをご希望のお客様はトレードステーションサポートダイヤルにお問合せください。
  • 取引手数料は「1日の約定金額(現物取引と信用取引の合計額)」をもとに計算します。お取引のない日の手数料はかかりません。
  • 単元未満株取引等のお取引にかかる手数料は一日定額プランの対象外です。詳しくは単元未満株の取引をご覧ください。
  • コールセンター経由での売買は原則お受けしておりません。ただし、当社のシステムの障害や、当社がやむを得ない事情があると判断した場合には、その限りではありません。その際は上記の一日定額プランにて注文をお受けいたします。
  • 一定のお取引回数等、当社が定める条件を満たすお客様向けの特別手数料を別途ご用意しています。 詳細はトレードステーションサポートダイヤルにお問合せください。
口座開設申込みにあたりワークスペース入手までの流れを事前にご確認ください。
日本株取引ツール「トレードステーション」における国内上場有価証券取引に関する重要事項
<リスク>
国内株式および国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が最大3.3倍程度となる可能性があるため、価格、上記各指数等の変動、または発行者の信用状況の悪化等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。
<保証金の額または計算方法>
信用取引では、売買金額の30%以上かつ30万円以上の保証金が必要です。
<手数料等(税抜)>
国内株式等のインターネット売買手数料は、一日の約定金額1,000万円ごとに最大5,000円かかります。単元未満株のインターネット売買手数料は、約定金額に対し0.5%(最低手数料48円)を乗じた額がかかります。国内ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。
なお、当社が定める一定の条件を満たすお客様向けの特別手数料を用意しています。詳細はウェブサイトをご覧ください。
<その他>
お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」および「日本株取引サービス『トレードステーション』に係るご注意事項」を必ずお読みください。

口座開設申込みはこちら