番組

トップに聞く

旬の上場企業・団体のトップをゲストに招き、様々な切り口から成長戦略や競争環境などをじっくり聞くロングインタビュー。生放送でのやりとりを通じ、投資家向け説明会とは一味違った投資材料をお届けします。公開情報だけではなかなかうかがい知れないトップの人となりにも触れることができる、日経CNBCならではのトークコーナーです。

ゲスト:TIS 岡本 安史社長

  • 2022年8月19日(金) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

    独立系ITサービス大手のTISが、システムの受託開発からニーズを先回りするサービス提供型へとビジネスモデルの変革を進めています。目標として掲げているのは、デジタル技術を通じた社会課題解決の実現。とくに世界的な課題といえる「金融包摂(金融サービスの利用機会拡大)」「健康問題」、「都市への集中・地方の衰退」「低・脱炭素化」の4分野で、生活基盤の強化・転換につながる取り組みを加速しています。カードの基幹システム開発で圧倒的なシェアを持つなどの強みを生かし、たとえば決済プラットフォームの構築や地域生活インフラのDX化などを進める方針です。岡本安史社長にこれからの経営戦略を聞きます。

    ゲスト:王子ホールディングス 磯野 裕之社長

    • 2022年8月10日(水) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

      王子ホールディングスが環境問題に寄り添った経営への取り組みを加速しています。「王子の森」と名付けた自社保有林を国内外で拡大し、製紙で大量に出る二酸化炭素を吸収・相殺する一方、再生可能な木質由来の製品の開発を進め、環境に配慮した包装材・パッケージや、医療領域への展開などを目指します。パルプ、木材加工事業など資源環境ビジネスも本格的に強化する考えです。また、EV(電気自動車)向けのコンデンサフィルムのような機能性事業や、原紙から一貫生産するダンボール事業も伸ばし、印刷関連事業の伸び悩みをカバーします。今後の事業戦略について磯野裕之社長に聞きます。

      ゲスト:マニー 斉藤 雅彦社長

      • 2022年8月8日(月) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

        手術用の縫合針や白内障手術向けの眼科ナイフなどで世界トップシェアを握り、医療機器分野でグローバルニッチトップを貫くマニー。22年8月期は従来、最終減益を予想していたものの上方修正し、一転して増益予想となる見通しです。医師や地域によって異なる術式にきめ細かく対応する戦略を強みに欧州やアジアでの需要回復が想定以上に進み、ドルなどに対して進んだ円安も相まって業績が回復しています。90%台と極めて高い自己資本比率を活かし、成長投資や株主還元にどのように資金を振り向けていくのでしょうか。銀行出身の前社長から2年前にバトンを引き継いだ開発畑出身の斉藤雅彦社長を招き、中長期戦略を掘り下げます。

        ゲスト:ADEKA 城詰 秀尊社長

        • 2022年8月3日(水) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

          ADEKAの株価が堅調な値動きを続けています。2024年3月期の目標としていた営業利益水準に前期段階で到達するなど、好調な業績を映している形です。化学品、食品、ライフサイエンスと幅広い分野への多角化が進んでおり、半導体メモリ向けの高誘電材料、自動車エンジンオイル向け潤滑油添加剤など世界トップシェア、ニッチトップの商品も数多く持ちます。なかでも半導体材料事業、EV関連事業は成長分野とみて、積極的な設備投資や製品開発を続ける方針です。サプライチェーン全体の環境負荷低減に貢献し、社会価値と経済価値を同時に追求するような製品の開発もこれからの注力ポイント。城詰秀尊社長に戦略を聞きます。

          ゲスト:バイセルテクノロジーズ 岩田 匡平社長

          • 2022年8月2日(火) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

            着物や切手、貴金属などの出張訪問買取サービスで成長するバイセルテクノロジーズ。日本の家庭に眠る「かくれ資産」(自宅内の1年以上利用されていない不用品の推定価値)は約37兆円にものぼるといわれます。同社はこの巨大市場の掘り起こしを狙い、商談解析などの徹底したデータ活用と店舗買取サービスの拡大で、仕入れ力と販売力のさらなる強化を図っています。新たな事業展開やM&Aを含めた今後の戦略を、岩田匡平社長に聞きます。

            ゲスト:SBIホールディングス 北尾 吉孝社長

            • 2022年7月29日(金) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

              新生銀行の連結子会社化とSMBCグループとの資本業務提携とにより、証券・銀行両業界の再編の中心という立ち位置を鮮明にしたSBIホールディングス。顧客基盤や利益で証券業界のトップに立ったあとも、攻めの姿勢を緩めません。新生銀行、SMBCグループとの関係強化の背後には、収益力の一段の向上、そして大再編時代をにらんだ資金調達力の強化という狙いがありますが、さらにその根底には、「ゼロ金利政策からの転換を見据えたデットビジネスへの流れ」「現預金から年金などへの資金シフト」「若年層の投資への参入加速」「デジタル金融の拡大」といった大局観があります。新生銀行を傘下におさめ、SMBCグループと組むことで可能になることは何か。次に取りうる一手は何か。北尾吉孝社長に戦略を聞きます。

              ゲスト:ユーグレナ 出雲 充社長

              • 2022年7月27日(水) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                バイオ燃料の大規模商業プラントの実現で、2026年に売上高1000億円を目指すユーグレナ。ミドリムシ由来のバイオジェット燃料の飛行機への導入、バイオディーゼル燃料のガソリンスタンドでの販売など、バイオ燃料の普及・拡大に向けた取り組みを加速しています。一方、現在主力のヘルスケア事業では、新ブランドの開発や品ぞろえの拡充を図ります。「サステナビリティ・ファースト」を軸とする同社の成長戦略を、出雲充社長に聞きます。

                ゲスト:みらいワークス 岡本 祥治社長

                • 2022年7月25日(月) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                  フリーランスのコンサルタントを企業とマッチングする事業を拡大するみらいワークス。足元ではデジタルトランスフォーメーション(DX)を担う人材の採用に苦慮する大企業からの引き合いが増え、システム構築や戦略コンサルティングのプロ人材を紹介・派遣する事例が目立っているといいます。一方、都市部で働く人材が副業として地方の中小企業から仕事を請け負う橋渡しをする事業のすそ野も広がっています。産業界の働き方改革が本格化するなか、成長戦略や人材流動化の行方について岡本祥治社長に聞きます。

                  ゲスト:東京建物 野村 均社長

                  • 2022年7月22日(金) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                    東京建物が東京都心などで大規模な再開発プロジェクトを進めています。グループの本拠地で古くから資産を保有する東京駅周辺の八重洲・日本橋・京橋エリアで、国際金融都市の玄関口にふさわしい先進オフィスビルを複数建設するほか、東京・渋谷、大阪・堂島地区などで有望な開発事業を進めます。2010年代に進めた東京・池袋地域の複合開発がエリアの活性化につながったと高評価を得たように、スタートアップ企業などによるイノベーション拠点創出など特色のある再開発手法により地域経済に好循環をもたらすことを目指します。こうした大規模再開発の果実が本格的に得られるのは2025年ごろからですが、それまでは東京・竹芝地区などでのマンション事業が成長を支える見通しです。今後の事業展開について野村均社長に聞きます。

                    ゲスト:ヤマハ 中田 卓也社長

                    • 2022年7月21日(木) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                      コロナ禍を受けて楽器の販売苦戦が続いていたヤマハの業績が回復基調にあります。富裕層のピアノ需要をけん引役に好調だった中国に続き、インドや東南アジア各国など新興国での楽器販売が順調に伸びつつあるといいます。一方で、楽器に続く柱の音響機器は音楽配信サービスの台頭に押されているうえ半導体不足も響き、立て直しが急務となっています。前回の中期経営計画未達を踏まえ5月に発表した3カ年の計画では、成長市場であるアジアでの重点投資のほか、音楽や映像の制作・配信機器など新たな分野での収益拡大などを掲げ、事業利益率14%を目指すといいます。中田卓也社長を招き、今後のグローバル戦略に迫ります。

                      ゲスト:大和ハウス工業 芳井 敬一社長

                      • 2022年7月15日(金) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                        大和ハウス工業が第7次中期経営計画を策定・始動しました。同社として初めての5カ年計画で、最終年度(2026年度)には売上高を5兆5000億円、営業利益を5000億円にまで伸ばすことを目指します。期間中に戸建て住宅、賃貸住宅、商業施設、事業施設の4つのコア事業でいずれも営業利益1000億円を確保する計画です。北米や中国を中心にした海外事業の拡充や、物流施設やデータセンター事業の一段の強化とともに注目されるのが、高度成長期に国民のくらしを支えた各地のニュータウンの再活性化の取り組み。今回の中計を創業者・石橋信夫氏が掲げた「創業100周年の2055年に売上高10兆円」という壮大な目標への道程と位置づける芳井敬一社長に、これからの戦略について聞きます。

                        ゲスト:トプコン 平野 聡社長

                        • 2022年7月13日(水) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                          3年連続で「DX銘柄」(経産省と東証などが選定)に選ばれているトプコン。人工衛星を利用した精密な測位技術を生かし、建機や農機の自動制御システムをグローバルに提供しています。眼科専門医以外でも取り扱えるフルオート検査機器と ICT(情報通信技術)の活用で遠隔診断やAI自動診断を可能にする仕組みを構築するなど、『創業90年のベンチャー企業』を標榜する同社の平野聡社長に、M&Aをはじめとする成長戦略を聞きます。

                          ゲスト:東急不動産ホールディングス 西川 弘典社長

                          • 2022年7月8日(金) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                            東急不動産の業績が新型コロナウイルスの影響から脱し、V字回復を見せています。営業利益は2021年に過去最高となったのに続き、22年にも最高を更新する見通しです。不動産各社のなかでもとくに幅広い事業ポートフォリオを持ちますが、オフィスやマンションの開発事業のほかにも、高い市場シェアを握る管理運営事業(東急コミュニティ)や仲介事業(東急リバブル)が好調を維持しています。成長ドライバーに位置付ける太陽光発電、風力発電など再生可能エネルギー事業も急速に規模を拡大中です。今後の話題のひとつは、東急グループの本拠地である渋谷駅周辺で進める再開発プロジェクト。西川弘典社長にこれからの取り組みを聞きます。

                            ゲスト:フルヤ金属 古屋 堯民社長

                            • 2022年7月7日(木) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                              希少貴金属を産業用に加工するフルヤ金属は、有機EL向け材料で世界シェアの約9割を持つ「グローバルニッチ」の強みなどを生かし、2022年6月期の連結営業利益は前期比18%増の123億円になる見通しです。使用済み製品を加工して再び販売する「改鋳受注」事業や、水素製造関連の材料開発など成長戦略について古屋堯民社長に聞きます。

                              ゲスト:プラスアルファ・コンサルティング 三室 克哉社長

                              • 2022年7月6日(水) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                データ解析技術を生かし、マーケティングや人事など複数のクラウドソフトを手掛けるプラスアルファ・コンサルティング。マーケティングや人事情報管理など様々な領域でクラウドソフトを提供しています。2021年6月の上場から1年が経過し、一段の成長を目指す三室克哉社長に戦略を聞きます。

                                出演企業一覧

                                2022年出演企業

                                ゲスト:味の素 西井 孝明社長

                                • 2022年1月18日(火) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  主力の調味料・食品が原材料高の影響を受ける一方、好調なヘルスケアや電子材料がけん引し、2022年3月期の連結純利益は4期ぶりの過去最高を見込む味の素。アミノ酸の知見や技術を生かし、世界の生活者をターゲットにした「食と健康の課題解決企業」を目指す西井孝明社長に、20年度からスタートした新中期経営計画や、社会課題を解決しながら経済価値を創造する取り組み「ASV」などについて聞きます。

                                ゲスト:アステラス製薬 安川 健司社長

                                • 2022年6月24日(金) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  アステラス製薬が株価を着実に切り上げています。かつては新薬メーカーの宿命である主力薬の特許切れの影響(パテントクリフ)を警戒する投資家が多くみられましたが、2021年に策定した経営計画のなかで、2020年代後半に到来する前立腺がん治療剤「イクスタンジ」の特許切れに向けて、有望新薬を途切れず市場投入するための研究開発戦略を示したことが評価されています。とくに更年期障害薬のフェゾリネタントや胃がんなどの治療薬ゾルベツキシマブには、次の柱としての期待の声が出ています。ただ経営計画で目標とする「時価総額7兆円」達成はまだ遠いのも事実。安川健司社長に企業価値拡大の戦略を聞きます。

                                ゲスト:アルプスアルパイン 栗山 年弘社長

                                • 2022年6月3日(金) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  アルプスアルパインの業績回復が鮮明になっています。2022年3月期決算はゲームやスマホ向け電子部品の好調に支えられて4年ぶりに利益が増加。23年3月期も増益を見込みます。新たに策定した中期経営計画では、モジュール・システム、コンポーネント両事業の採算向上や、車外通信、イメージング、3Dレーダーといったセンサー・コミュニケーション事業の成長をテコに、最終年度の25年3月期に売上高8000億円、営業利益率8%、ROE10%の達成を目指します。とくに旧アルプス電気、旧アルパイン双方の技術を融合させて展開する車載事業の新コンセプト「デジタルキャビン」や、センサーと通信を組み合わせたソリューションビジネスへの取り組みは注目度大。栗山年弘社長に戦略を聞きます。

                                ゲスト:イー・ギャランティ 江藤 公則社長

                                • 2022年2月10日(木) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  企業の売掛債権保証をはじめとする信用リスク保証事業で成長するイー・ギャランティ。買い取った債権などを流動化して投資家に販売するビジネスが主体で、コロナ禍で売掛金の未回収リスクを抑えたい企業や、低金利下で投資先を広げたい投資家のニーズをとらえ、保証残高は年率2割ペースで拡大しています。大半の国内企業の取引情報を把握し、取引相関図なども含めて信用に関するビッグデータを蓄積していることが強みで、地方銀行との連携も強めています。筆頭株主の伊藤忠商事出身で創業メンバーの江藤公則社長にさらなる成長戦略を聞きます。

                                ゲスト:イーレックス 本名 均社長

                                • 2022年5月2日(月) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  新電力大手のイーレックス。2035年までにベトナムでバイオマス発電所を20基以上新設します。一部の発電所では、自社で燃料用に品種改良したイネ科の植物「ソルガム」の使用を予定しています。日本国内5基のバイオマス発電所の稼働は順調で、非効率な石炭火力のバイオマス発電への転換、水素発電所の商業運転など新事業にも積極的です。環境負荷の少ないエネルギーの安定供給に向けた課題と、国内外での成長戦略を本名均社長に聞きます。

                                ゲスト:INPEX 上田 隆之社長

                                • 2022年2月14日(月) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  INPEXが脱炭素事業に一段と注力することを目玉とした長期戦略と中期経営計画を公表しました。2030年までに1兆円程度を水素・アンモニアや再生可能エネルギーのほか、二酸化炭素(CO2)を回収して貯留・再利用するCCUSといった脱炭素関連に投資します。世界の石油メジャーは脱炭素化を求める投資家の圧力が急速に強まっていることを受け、抜本的な事業の見直しを加速。INPEXも昨年、ベネズエラやコンゴから撤退するなど、化石燃料事業の再編を本格化しています。豪州の大型液化天然ガス(LNG)事業「イクシス」など、石油・天然ガス事業での中核プロジェクトの行方とは。上田隆之社長を招き、事業ポートフォリオの将来像と成長戦略に迫ります。

                                ゲスト:H.U.グループホールディングス 竹内 成和社長

                                • 2022年1月27日(木) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  臨床検査薬大手の富士レビオや、臨床検査受託最大手のエスアールエルなどを傘下に持つH.U.グループホールディングス。コロナ禍を受けてPCR検査などの需要が急拡大し、2022年3月期も2期連続で過去最高の売上高と利益を更新する見通しです。ただ、主力の検査関連事業は中長期的に見て低成長であることから、850億円を投じて検査業務を自動化した拠点を都内に稼働。一方で、臨床検査薬や、開発製造受託など収益性が高く成長が見込める事業に経営資源を投じるなど「ポストコロナ」を見据えた動きを強めています。竹内成和社長を招き、成長戦略に迫ります。

                                ゲスト:SREホールディングス 西山 和良社長

                                • 2022年3月24日(木) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  ソニーグループとZホールディングス(HD)が大株主で、不動産取引データをAI(人工知能)で分析するツールを提供するSREホールディングス。ZHDが持ち株比率を大幅に下げるとともに、ZHD傘下のヤフーとの業務提携関係を見直すと発表しました。ヤフーと共同で運営してきた不動産売買プラットフォーム「おうちダイレクト」は6月末で終了します。SREホールディングスは不動産以外の領域をAIで変革するサービスを拡大するなどあらゆる産業への攻勢を強めており、成長戦略も新たな段階に差し掛かっています。ソニー出身で実質的な創業者である西山和良社長に次の一手を聞きます。

                                ゲスト:荏原 浅見 正男社長

                                • 2022年4月4日(月) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  ポンプ大手の荏原が半導体製造装置で攻勢をかけています。半導体市場の大幅な伸びが予想される中、生産能力を増強するとともに、微細化への対応を進めます。主力のポンプ事業では、積極的な海外拠点の設立でシェア拡大を目指す一方で、新規事業の創出にも積極的です。「水素関連事業プロジェクト」を立ち上げ、ロケット部品開発に参入するなど収益源の多角化を図っています。2030年の売上高1兆円に向けた戦略を、浅見正男社長に聞きます。

                                ゲスト:MS&ADインシュアランスグループホールディングス 原 典之社長

                                • 2022年4月13日(水) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  MS&ADが2022年度から2025年度まで4年間を対象にした中期経営計画を策定・公表しました。直近まで4年間の前経営計画期間中は、国内の豪雨や海外のハリケーンなどの激甚災害、新型コロナウイルス感染の長期化、地政学リスクの表面化など、世界中で社会・経済活動が大きなリスクに直面しました。新中計では、ASEAN地域でトップの損害保険料収入を得るなど世界的規模の保険・金融グループとして、さまざまな社会課題の解決に貢献できる「リスクソリューションのプラットフォーマー」への転換を進めます。高齢化・少子化の進展などに合わせた経営改革やサービス内容の強化も加速し、レジリエントでサステナブルな社会の実現への貢献を目指します。原典之社長に今後の経営戦略のポイントを聞きます。

                                ゲスト:オキサイド 古川 保典社長

                                • 2022年1月17日(月) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  酸化物単結晶をコア技術とした光学系部品や計測装置などグローバルニッチ製品を手がけるオキサイド。国立の研究開発法人発のベンチャーながら、積極的なM&A(合併・買収)をテコに事業の柱に育てた半導体、医療の2つが成長をけん引しています。特に半導体検査装置や、がんの早期発見につながる陽電子放射断層撮影装置(PET)に搭載される単結晶の引き合いが増えているといい、2022年2月期通期予想を上方修正しました。パワー半導体や医療用ボタン電池といった次世代の技術開発も含め、今後の戦略を古川保典社長に聞きます。

                                ゲスト:Kaizen Platform 須藤 憲司CEO

                                • 2022年2月28日(月) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)化を支援する事業を主力とするKaizen Platform。デジタルの専門家のノウハウをオンラインで提供してウェブサイトを改善したり、動画制作プラットフォームを提供したりすることで、企業の顧客体験向上の支援をするといいます。2022年12月期は、前期に赤字だった経常損益と最終損益がトントンになる見通し。コロナ禍で顕在化したDX需要を中長期的な成長につなげていくのでしょうか。リクルートを経てKaizen Platformを2013年に米国で創業した須藤憲司最高経営責任者(CEO)を招き、戦略を聞きます。

                                ゲスト:カゴメ 山口 聡社長

                                • 2022年6月29日(水) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  2016年に策定した中期経営計画のなかで、「健康寿命の延伸」や「農業振興・地方創生」への貢献をうたったカゴメ。その目玉と位置付ける「野菜」に関連する事業の拡大が進んでいます。野菜摂取の拡大を促すため、進めているのが政府や自治体、さらには異業種の企業や団体などとの連携。加えて「カゴメファン」を核とした「ファンベースドマーケティング」にも磨きをかけます。成長戦略としては、主力工場の生産能力向上や植物性領域での商品拡充を進めるほか、アグリテックなどの分野で他社との協業やM&Aも加速します。山口聡社長に今後のかじ取りについて聞きます。

                                ゲスト:川崎汽船 明珍 幸一社長

                                • 2022年6月2日(木) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  旺盛なコンテナ需要による業績の押し上げもあり、財務体質が抜本的に改善した川崎汽船。経営の新たなステージに立っています。コンテナ船事業で収益基盤を安定させながら、成長のけん引役と位置付ける鉄鋼原料・自動車船・LNG輸送船の3事業に経営資源を集中的に配分し、低炭素・脱炭素化への貢献と収益成長の両立を目指します。持続的成長と企業価値向上に向けた戦略、市場の期待の高い株主還元策について、明珍幸一社長に聞きます。

                                ゲスト:クリエイト・レストランツ・ホールディングス 川井 潤社長

                                • 2022年1月20日(木) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  和食レストラン「かごの屋」や居酒屋「磯丸水産」など多様なブランドを展開するクリエイト・レストランツ・ホールディングス。コロナ禍直前に比べると既存店売上高はなお2割以上のマイナス水準が続いているものの、2022年2月期はすでに2度の業績上方修正を行い、売上高は前期比23%増、営業損益以下は黒字化を予想。復配を予定しています。今期は減資をした後、約160億円の増資に踏み切るなど大規模な資本増強を実施。創業社長が退任し、バトンを引き継いだ川井潤社長が進めるポストコロナを見据えた経営改革に迫ります。

                                ゲスト:コインベース日本法人 北沢 直社長

                                • 2022年1月4日(火) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  暗号資産(仮想通貨)交換所大手の米コインベース・グローバルは2021年4月に米ナスダック市場に上場し、暗号資産業界から初のユニコーン上場として話題をさらいました。株式時価総額は8兆円程度で推移。日本では三菱UFJ銀行と提携し、同8月から事業を開始しました。米国ではビットコイン先物に連動した上場投資信託(ETF)が初めて上場する一方、エルサルバドルがビットコインを法定通貨とするなど、暗号資産をめぐり世界的に大きな地殻変動が起きるなか、日本での成長余地や課題とは。弁護士としても実務経験を持つ日本法人の北沢直社長を招き、掘り下げます。

                                ゲスト:ココナラ 鈴木 歩社長

                                • 2022年1月24日(月) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  個人がスキルや専門知識をオンラインで出品し、売買するサイトを運営するココナラ。占いからアプリ作成まで幅広いスキルをモノの電子商取引(EC)のように取引できる手軽さや、ネットを介して単発の仕事を請け負う「ギグワーカー」の台頭もあって伸びています。ビジネス用途に特化した「ココナラビジネス」や、弁護士を探せる「ココナラ法律相談」など新領域にもサービスを拡張。2022年8月期は営業赤字の見通しですが、ビザスクや弁護士ドットコムなど有力なプレーヤーの多い市場でどう成長していくのか、鈴木歩社長に聞きます。

                                ゲスト:J・フロントリテイリング 好本 達也社長

                                • 2022年6月16日(木) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  大丸、松坂屋やPARCOなどを全国展開するJ・フロントリテイリングは、2021年度からスタートした中期経営計画でデジタル戦略の強化やデベロッパー事業の伸長、富裕層サービルの拡大を打ち出し、新型コロナウイルス流行前の2019年度の営業利益水準への回復を目指しています。百貨店のビジネスモデル転換を通じた「街づくり」や、サステナブル経営に取り組む好本達也社長に、中計の進捗やインバウンド需要の回復見通しなどを聞きます。

                                ゲスト:ジモティー 加藤 貴博社長

                                • 2022年2月17日(木) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  家具などの個人間取引を仲介する地域情報サイトを運営するジモティー。地域内でのモノやサービスのやりとりを促すことに注力し、ユーザーは不用品を0円でも譲渡できるうえ、中古車の処分のほか、不動産の入居者やアルバイトの募集など幅広いサービスの授受ができるといいます。コロナ禍で一時落ち込んでいた広告収入が復調しているうえ、オンライン決済の手数料収入が伸びるなか、2022年12月期は前期に続き増収増益を見込みます。自治体との連携強化や、中古車分野での新たなサービスも進める同社の成長シナリオについて、加藤貴博社長に聞きます。

                                ゲスト:ジャパンエレベーターサービスホールディングス 石田 克史CEO

                                • 2022年6月17日(金) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  エレベーター・メンテナンス事業の独立系最大手、ジャパンエレベーターサービスの利益成長が続いています。2022年3月期に続き23年3月期も最高益の見通しです。利益成長の背景にあるのは、「低価格を武器としたメーカー系からの契約獲得」「M&Aなどによる営業地域拡大」「契約台数増加による効率性の向上」など。ビルオーナーのコスト意識が高まるなかで、バブル時に建築したビルのエレベーターが入れ替えの時期に差し掛かっており、リニューアル業務も保守業務に次ぐ柱として順調に伸びています。インドなど海外事業もこれからの強化ポイント。成長持続に向けた取り組みを、石田克史最高経営責任者(CEO)に聞きます。

                                ゲスト:SCREENホールディングス 広江 敏朗社長

                                • 2022年6月27日(月) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  半導体製造装置の大手SCREENホールディングス。主力のウエハー洗浄装置では世界トップシェアを握ります。半導体需要の拡大を背景にフル生産が続く中、新工場の建設で生産能力の増強と生産効率の向上を図る一方で、持続的な成長に向けて「エネルギー」「ライフサイエンス」など新たな事業領域にも注力しています。中期経営計画の1年前倒しでの達成が見込まれる中での新たな目標や戦略の方向性について、広江敏朗社長に聞きます。

                                ゲスト:スパイダープラス 伊藤 謙自社長

                                • 2022年3月30日(水) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  建設業向けの業務支援を手掛けるスパイダープラスが、一段の事業拡大をにらんでビジネスや体制の整備を急いでいます。マンションなどの建設では基礎、躯体、外内装、設備など数多くの技能工が携わっており、総戸数80戸程度のマンションでは完成までの延べ人数はおよそ4万人ともいわれます。ところが働き方改革関連法が建設業でも2024年から適用され、現場監督は作業者の不足や高齢化が深刻となるなかで労働時間の上限規制遵守など厳しい対策を迫られることになります。こうした課題を解決するための建設業DX(デジタル・トランスフォーメーション)について、伊藤謙自社長に考え方を聞きます。

                                ゲスト:住友ファーマ 野村 博社長

                                • 2022年6月30日(木) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  社名を大日本住友製薬から4月に変更した住友ファーマ。住友化学が5割超を出資する株主ということもあり、住友グループの製薬会社というブランドを訴求する狙いです。主力製品の抗精神病薬「ラツーダ」の特許切れが2023年に迫るなか、売上高減少を穴埋めする次の有望薬の出足がやや鈍いことなどから、1年前に比べて株価は半値程度で推移しています。一方、大塚製薬と精神神経領域で4つの新薬候補化合物について全世界での開発・販売提携に踏み切るなど自社開発にこだわらずスピードと成功確率を上げることを優先するなど戦略の変更も注目されます。野村博社長を招き、再生医療など新領域も含めた中長期戦略に迫ります。

                                ゲスト:西武ホールディングス 後藤 高志社長

                                • 2022年4月8日(金) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  西武ホールディングスが踏み出す大胆な経営改革への注目が高まっています。キーワードは「アセットライト」で、これまでの経営スタイルを一新し、ホテル、レジャー施設などの資産を必ずしも保有せずに運営受託により価値を生み出す事業モデルへと転換します。ホテルやスキー場、ゴルフ場など約30施設をシンガポール政府系投資ファンドに売却し、運営に専念。鉄道事業や不動産事業についてはニューノーマルに合わせた改革を進め、強固な財務・事業体質の構築を目指します。西武ホールディングスでの取り組みの成否は、コロナ禍で都市交通や沿線開発を主軸にした事業のあり方が問われている鉄道各社だけでなく、収益力向上の期待から「保有する経営」からの変身を求められている日本企業全体にとっても、生まれ変われるかの試金石となります。後藤高志社長に改革への思いや成算を聞きます。

                                ゲスト:双日 藤本 昌義社長

                                • 2022年6月10日(金) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  ことし(2022年)発表された「日経統合報告書アワード」で、双日がグランプリに輝きました。審査対象の290社・団体のなかで双日が頂点に選ばれた理由としては、「長期的な価値創造プロセスがわかりやすく伝わった」などさまざまな評価ポイントがありますが、なかでも「組織の風通しがよく、経営判断がスピーディ」との指摘が目をひきます。2022年度3月期の決算は他の大手商社と足並みをそろえて最高益となりましたが、他の商社が資源ビジネスの減速を警戒して2023年3月期は減益予想とするなかで、双日は唯一、たとえばインフラ・ヘルスケアといった非資源分野でのビジネス拡大をテコに、増益、増配を計画しています。藤本昌義社長に今後のかじ取りについて聞きます。

                                ゲスト:ZOZO 沢田 宏太郎社長

                                • 2022年5月16日(月) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  ファッション通販を手がけるZOZOは、2022年3月期決算で最高益を更新しました。一方で23年3月期は増益率が緩やかになる見通しを示し、市場予想を下回ったことで株価は軟調に推移。今期は100億円と大型の設備投資を予定し、物流拠点の自動化など成長投資を加速することなどが収益の伸びを抑えるといいます。1年前に始めた化粧品モール「ZOZOコスメ」の手ごたえや、全身採寸スーツ「ZOZOスーツ2」を使って今夏から米国で始める新たなサービスなどを含め、もう一段の成長戦略をどう描いているのかを沢田宏太郎社長に聞きます。

                                ゲスト:ダイフク 下代 博社長

                                • 2022年6月13日(月) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  工場や物流拠点内の保管・搬送システムで世界大手のダイフクの業績が好調です。2023年3月期の連結純利益は前期比10%増となり、4期ぶりに過去最高を更新する見通しです。長引くコロナ禍や人手不足を受け、世界的に自動化が加速していることが追い風となっています。半導体製造ラインのクリーンルーム向けシステムの需要が強いほか、空港向けの設備需要も北米を中心に回復しています。一方で鋼材など原材料価格や人件費などの上昇ペースがきつくコスト圧迫要因になっているほか、サプライチェーンの混乱に伴う部材の確保策なども懸案となっています。下代博社長を招き、自動化投資の先行きや収益改善の進捗のほか、今後の戦略を深掘りします。

                                ゲスト:ティーケーピー 河野 貴輝社長

                                • 2022年1月31日(月) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  貸会議室や貸オフィスを全国展開するティーケーピー。コロナ禍で企業のセミナーや宴会の中止が相次ぎ、2021年2月期は創業以来初の減収、営業赤字に陥りました。一方、今期はワクチン接種会場の運営や、フランチャイズチェーン(FC)で運営するアパホテルでのコロナ軽症者向けの一棟貸しなどによる押し上げ効果もあり、業績が回復基調に。19年に傘下に収めた「リージャス」の運営企業を通じてシェアオフィスの大型施設を積極的に増やすなど、攻めの姿勢が目立ちます。増資に踏み切り、財務基盤の強化や成長投資の加速を視野に入れる同社の河野貴輝社長がウィズコロナ時代の戦略をどう描いているのかに迫ります。

                                ゲスト:テクノプロ・ホールディングス 八木 毅之社長

                                • 2022年3月10日(木) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  技術者の派遣サービスを手がけるテクノプロ・ホールディングス。約2万人の技術者を抱え、IT(情報技術)領域で最先端の技術に精通した高度人材に強みを持ちます。デジタル・トランスフォーメーション(DX)を進めたい企業の間で人材派遣の引き合いが増し、稼働率や平均単価はコロナ禍前の水準までほぼ回復しつつあります。2021年には米アップルなど大手IT会社と取引があるインドの老舗ソフト開発会社を約120億円で買収し、テクノプロとしては過去最大規模のM&A(合併・買収)となりました。今後もM&Aを活用しながら成長を目指す同社の戦略について、八木毅之社長に聞きます。

                                ゲスト:デジタルアーツ 道具 登志夫社長

                                • 2022年2月7日(月) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  インターネットセキュリティー分野で老舗のデジタルアーツ。ネット閲覧制限(フィルタリング)ソフトで国内シェア首位を握る「i-FILTER」などの販売が伸び、2022年3月期は大幅な増収増益を見込んでいます。コロナ禍でリモートワーク環境の整備を急ぐ企業のほか、デジタル化が加速する学校現場からの引き合いが増えています。安全性が未確認の場合はアクセスを遮断し、安全を確認したサイト以外にはアクセスさせない「ホワイト運用」と呼ぶ独自のモデルが強み。企業へのコンサルティング事業なども収益の柱に育てるという同社の戦略を、道具登志夫社長に聞きます。

                                ゲスト:テスホールディングス 石脇 秀夫会長

                                • 2022年4月18日(月) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  再生可能エネルギーの発電やエンジニアリングを手がけるテスホールディングス。工場や商業施設の省エネ設備の設計施工をする事業と、太陽光などの再生可能エネルギー発電所を自ら所有・運営・売電する事業の2本柱で成長しています。全国で約70の発電所を運営。世界的に進む脱炭素化を追い風に、工場などの屋根や敷地に太陽光発電施設を設置して顧客に電力の自家消費を促す「オンサイトPPA(電力購入契約)」の引き合いも増えているといいます。一方、インドネシアでバイオマス発電用燃料を日本向けに販売する会社を傘下に収めたほか、英国で大規模蓄電プロジェクトに出資するなど海外での取り組みも本格化。石脇秀夫会長に次の一手を聞きます。

                                ゲスト:テラスカイ 佐藤 秀哉社長

                                • 2022年4月21日(木) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  クラウド導入支援のテラスカイは、このほど発表した初の中期経営計画で積極投資を進め、事業基盤の拡大を図る方針を示しました。不足するエンジニアの採用や新サービス・製品の開発に投資し、2030年に連結売上高700億円超を目指します。大型投資を予定する2023年2月期は純損失を見込むものの、その後はV字回復につなげるという佐藤秀哉社長に成長戦略を聞きます。

                                ゲスト:東亜合成 高村 美己志社長

                                • 2022年5月11日(水) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  祖業である基礎化学製品から石油化学製品、さらにリチウムイオン電池製造などに使われるアクリルポリマーや瞬間接着剤の代名詞的存在であるアロンアルフアといった機能製品まで、川上から川下まで幅広く事業を展開する東亜合成。豊かな社会への貢献を目指して、第4の柱の育成に取り組んでいます。力を入れているのは、ヘルスケア関連、モビリティ関連、エネルギー関連の3分野。なかでも電解工場で生産される高純度の水素を活用した全国初の製造・供給直結型水素ステーションは、燃料電池自動車(FCV)への普及につながる社会インフラとして大きな注目を集めています。高村美己志社長にこれからの戦略を聞きます。

                                ゲスト:東映アニメーション 高木 勝裕社長

                                • 2022年5月20日(金) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  東映アニメーションの業績好調が続いています。5月12日に2023年3月期の連結純利益が前期に続き過去最高になりそうと発表し、翌13日には株式市場で株価が制限値幅の上限いっぱいまで上昇しました。「ドラゴンボール」「ワンピース」など劇場アニメ、「プリキュア」「デジモンアドベンチャー」などテレビアニメの制作・販売が順調なうえ、ゲーム化権、商品化権といった版権事業が海外中心に伸びているためです。動画プラットフォーマーなどを通じたアニメ市場の拡大が海外で続くなかで、「世界での東映アニメブランド確立」がこれからの目標のひとつ。またコロナ禍で人々の生活様式が大きく変わったことに対応し、膨大なアニメコンテンツをより多様な手法で、またより長いサイクルで活用していく「IP(知的財産)ホルダー戦略」にも取り組みます。高木勝裕社長にこれからの取り組みについて聞きます。

                                ゲスト:東京エレクトロン 河合 利樹社長

                                • 2022年6月9日(木) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  東京エレクトロンの株価が1月に上場来高値をつけた後も、ハイテク銘柄の中では堅調に推移しています。2023年3月期の連結純利益は前期比20%増と、2期連続で最高益を更新する見通しです。半導体メーカーが演算用ロジック半導体から旧世代の汎用品まで積極投資するなど高水準の受注が続くうえ、1年半ほど先まで生産計画を調達先に伝えるなどの東エレクならではの戦略が海外の競合に比べた部材調達力の強みとして効いています。6月初旬に発表した新たな中期経営計画の狙いや長期的な業界展望について、河合利樹社長に聞きます。

                                ゲスト:東京応化工業 種市 順昭社長

                                • 2022年2月24日(木) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  最先端の半導体製造工程に欠かせないフォトレジストで世界トップシェアを握る東京応化工業。2月中旬に発表した2022年12月期予想と3カ年の中期経営計画が好感され、株価も戻り歩調にあります。原料価格は高騰しているものの、売上高の約5割を占める高純度化学薬品での価格転嫁が順調に進んでいます。台湾積体電路製造(TSMC)の熊本進出に伴い、同社も阿蘇工場の増産や、熊本県菊池市で新たな用地取得を決めたことも注目材料。今後3年間で過去最高となる450億円の設備投資を計画する同社の成長ペースは加速するのでしょうか。種市順昭社長に聞きます。

                                ゲスト:トランスコスモス 船津 康次会長

                                • 2022年2月22日(火) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  国内首位のコールセンター事業を中心に企業向けサービスを展開するトランスコスモスが、DX(デジタル・トランスフォーメーション)を総合的に支援する企業へとビジネスの転換を進めています。3000社を超す企業との取引関係と、消費者の利用・購買行動に深く関わってきたデータ・ノウハウの蓄積を生かし、マーケティングから顧客サポートまで、さまざまな業務についての顧客企業のDXの取り組みを一気通貫でサポートします。グローバル市場への進出の加速もこれからのテーマ。船津康次会長に今後の戦略を聞きます。

                                ゲスト:トリケミカル研究所 太附 聖社長

                                • 2022年1月28日(金) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  半導体用化学薬品を手掛けるトリケミカル研究所の利益成長が続いています。2022年1月期第3四半期(8-10月)は売上高、利益ともに計画を上回り、この期に入って過去最高の売上高・利益水準を維持しています。低誘電率の絶縁膜材料など、半導体製造に使われる高付加価値の化学薬品の好調に支えられているためで、今期の利益は中期経営計画の最終年度(24年1月期)の目標値を上回る見通しです。データ通信量の増大が続くなかで半導体市場の成長は一段と加速するとみており、台湾工場での生産能力増強などにより、半導体不足の解消に貢献していく考えです。太附聖社長にこれからの戦略を聞きます。

                                ゲスト:ニコン 馬立 稔和社長

                                • 2022年5月19日(木) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  ニコンが2025年度を最終年度とする新しい中期経営計画を公表しました。2030年に向け人々の「価値観」や「生活・人生観」、そして「社会の枠組み」が大きく変わって「人と機械が共創する社会」が到来するとの認識が背景にあり、それに備え顧客がイノベーションを創出していけるよう「ソリューション企業」への進化を目指します。売上高7000億円、ROE8%以上など中計目標値達成のカギは、映像、FPD・半導体関連など主要事業での安定収益確保とともに、画像診断、細胞受託生産などの「ヘルスケア」、極端紫外線(EUV)露光技術などの「コンポーネント」、宇宙ビジネスなどもにらんだ「デジタルマニュファクチャリング」の3分野で成長の果実を得ていくことにあります。馬立稔和社長に戦略を聞きます。

                                ゲスト:ニトリホールディングス 白井 俊之社長

                                • 2022年1月6日(木) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  コロナ禍で業績好調を続けていたニトリホールディングスが、巣ごもり需要の一服のほか、円安と物価高によるコスト増などの逆風にさらされています。2021年3〜11月期の連結売上高はホームセンター大手の島忠子会社化もあって12%増となったものの、営業利益段階から減益となりました。22年2月期通期では増収増益の見通しを据え置きましたが、21年12月まで既存店売上高が8カ月連続で前年割れとなり、先行きが注目されます。ニトリ業態の国内外での積極出店などで勢いをどう取り戻すのでしょうか。白井俊之社長を招き、物流改革や島忠との統合効果も含めた戦略に迫ります。

                                ゲスト:日本触媒 五嶋 祐治朗社長

                                • 2022年4月22日(金) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  日本触媒が「製品市況に左右されない企業体質」への変革に取り組んでいます。グローバル規模での競争環境や需給バランスの変化に振り回されない事業構造が目標で、電池関連、ライフサイエンス関連などいわゆるスペシャリティ製品が中心の「ソリューションズ」事業の売り上げ比率を、現在の約3割から2030年には5割に高めます。世界トップの事業規模を持つ高吸水性樹脂・SAPなど素材販売型の「マテリアルズ」事業では、原料段階からのより効率の高い生産技術の確立により、新興国企業の攻勢があっても安定した収益の確保を目指します。一時は他メーカーとの統合構想が浮上するなど、経営環境の変化が続くなかでのかじ取りについて、五嶋祐治朗社長に聞きます。

                                ゲスト:日本電子 大井 泉社長

                                • 2022年3月7日(月) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  電子顕微鏡では世界首位で、ノーベル賞受賞者を含む研究者の先端研究を支えるなどグローバルに「JEOL (ジオル)」ブランドで知られる日本電子。半導体の電子回路の原版となるフォトマスクを製造するために必要不可欠な電子ビーム描画装置が大きく伸び、2022年3月期は売上高が前期比18%増、営業利益は2倍強を見込みます。半導体の微細化に伴って成長しているのが「マルチビーム描画装置」。ナノ (ナノは10億分の1)メートル級のビーム26万本で一気に描画し、工程にかかる時間を大幅に短縮できるのが特徴。市場では「第2のレーザーテック」と期待する向きもあります。新型コロナウイルスの解析で注目される理科学・計測機器のほか、医用機器なども含めて攻めの姿勢を鮮明にする同社の大井泉社長に、中長期的な戦略を聞きます。

                                ゲスト:日本取引所グループ 清田 瞭CEO

                                • 2022年1月5日(水) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  2022年4月4日に予定されている東京証券取引所の市場再編では、第一部、第二部、JASDAQ、マザーズの4つの市場が、「プライム」「スタンダード」「グロース」の3つの市場区分へと再編されます。グローバル投資家への投資魅力訴求を意識し、株式流動性やガバナンス体制を市場区分の判断材料としますが、進め方いかんでは日本市場や日本企業の信頼にも関わる大事な取り組みとなります。2022年は、新型コロナウイルスで傷ついた経済活動の本格回復が期待される一方で、インフレの長期化懸念、各国での金融正常化の影響など、見通しにくい市場環境が続きます。東証などを傘下に持つ日本取引所グループ(JPX)の清田瞭CEOに2022年の展望を聞きます。

                                ゲスト:日本ユニシス 平岡 昭良社長

                                • 2022年3月17日(木) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  4月1日付で社名を「ビプロジー」に変更する日本ユニシス。米ユニシスとの資本関係は2006年に解消していたものの、2030年に向けた新ビジョンを策定したことなどを機にブランドを刷新します。新社名は虹の7色を示し、「社会の変化に応じて提供する価値を変える」という思いや、請負型のビジネスモデルから企業に課題解決を提案する攻めに転じる姿勢を込めたといいます。デジタルトランスフォーメーション(DX)需要を息の長い成長につなげるための戦略を平岡昭良社長に聞きます。

                                ゲスト:野村総合研究所 此本 臣吾社長

                                • 2022年5月12日(木) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  デジタルトランスフォーメーション(DX)関連のシステム開発やコンサルティングを手がける野村総合研究所。2022年度までの中期経営計画で目標とする営業利益1000億円を前倒しで達成し、23年3月期の営業利益は前期比8%増の1150億円を見込んでいます。2030年に向けてDXによる社会変革を目指す此本臣吾社長に、DXサービスの強化策やグローバル展開など成長戦略を聞きます。

                                ゲスト:野村不動産ホールディングス 沓掛 英二社長

                                • 2022年5月25日(水) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  野村不動産ホールディングスが2030年度を最終年度とする中長期経営計画を公表しました。年平均8%の事業利益成長を目指す意欲的な計画で、「プラウド」ブランドが好調な国内住宅事業での成長を持続するほか、アジアを中心にした海外事業や、都市開発事業の拡大に弾みをつけます。とくに注目されているのはJR東日本などと取り組む芝浦地域の再開発プロジェクト。地域共生型でサステナブルな街づくりを進めます。サービスマネジメント事業も含めた収益力の強化により、2024年度時点でROE9%水準、株主への総還元性向40~50%といった数値目標の達成を目指します。沓掛英二社長にこれからの戦略を聞きます。

                                ゲスト:野村マイクロ・サイエンス 八巻 由孝社長

                                • 2022年3月9日(水) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  野村マイクロ・サイエンスが「超純水」技術を武器に、半導体関連分野などでの存在感を高めています。膜分離技術を発展させて、「純度100%の理論純水」に限りなく近い高純度の純水を精製する技術を持ち、半導体メーカーのほか、フラットパネルディスプレイ(FPD)メーカー、製薬会社など向けに超純水の製造装置を納入しています。たとえば半導体の製造工程では、ウエハー製造から成膜、レジストコーティング、さらにエッチングからレジスト剥離、組立と、およそ3割の工程が洗浄と言われ、性能や歩留まりの向上に超純水が不可欠となっています。八巻由孝社長に、技術の一段の向上や、用途の拡大など、今後の見通しを聞きます。

                                ゲスト:日立造船 三野 禎男社長

                                • 2022年3月18日(金) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  日立造船が株式市場で環境関連企業としての注目度を高めています。ごみ焼却発電事業では、2021年末に独シュタインミュラーの買収を発表、欧州を含め世界でのリーディング企業としての地位を固めました。今後の成長に向け注目されるのが、4月に発足する「脱炭素化事業本部」での活動。とくに、海洋などでの風力発電事業、再生可能エネルギーの余剰分を水素を介しメタネーション(合成メタン生成)の技術でガス資源として活用する「パワー・トゥ・ガス(PtG)」事業、宇宙環境での実証実験を予定している「全固体リチウム電池」事業は注目度満点です。物足りなさも残る利益率の向上策も含め、三野禎男社長にこれからの成長戦略を聞きます。

                                ゲスト:HIOKI 岡沢 尊宏社長

                                • 2022年3月25日(金) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  計測器大手のHIOKIの増収ペースに弾みがついています。世界的な脱炭素の流れを受け、内外で電気自動車(EV)のバッテリー向けや太陽光発電などエネルギー関連の計測器需要が高まっているためです。このほど公表した中期経営計画では、2024年12月期の連結売上高を350億円(2021年12月期実績は293億円)に高める意欲的な目標を掲げました。長野県の本社工場一帯に「HIOKIフォレストヒルズ」と名付けた植樹による森を育てるなど、地域とのつながりや環境を意識した経営でも知られます。岡沢尊宏社長に今後のかじ取りについて聞きます。

                                ゲスト:FOOD&LIFE COMPANIES 水留 浩一社長

                                • 2022年5月30日(月) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  回転ずし「スシロー」を運営するFOOD&LIFE COMPANIESが、1984年の創業以来続けてきた「1皿100円」の看板を下ろすことを決めました。原材料価格や輸送費の上昇、円安のあおりを受け、10月から店舗ごとの最低価格を一皿120~150円(税込み)にします。値上げ実施前の22年9月期の連結純利益も5月に下方修正。競合他社が値上げに追随するかにもよるものの、値上げがフルに反映される23年9月期以降の業績へのインパクトが注目されます。輸入品が多い魚の安定調達についても新たな取り組みを始める同社の水留浩一社長を招き、今後の戦略について深掘りします。

                                ゲスト:フューチャー 金丸 恭文会長

                                • 2022年3月28日(月) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  岸田政権が2021年秋に立ち上げた「デジタル臨時行政調査会(臨調)」で、民間有識者を務めるフューチャーの金丸恭文会長。ITコンサルティングを本業とするフューチャーの業績は、コロナ禍で本格化している企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)需要を取り込んで好調です。一方で、「規制改革会議」や「成長戦略会議」などのメンバーを歴任し、歴代首相のブレーンとして政府と民間の架け橋としての役割を果たしてきた金丸会長の目には、デジタル化が抱える様々な課題が日本の競争力をそぎかねないと映るようです。日本のデジタル化に何が欠けているのか、何をどう改革すべきなのか。提言を含めて深掘りします。

                                ゲスト:BASE 鶴岡 裕太CEO

                                • 2022年6月6日(月) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  ネット通販サイトを初期費用・月額費用無料で開設できるネットショップサービスなど手掛けるBASE。決済機能の手数料を主な収益源とし、2022年4月からは売上高が大きい顧客向けに月額費用を徴収する一方で決済手数料を引き下げた新たな料金体系を導入しました。足元では新型コロナウイルス禍からの経済再開に合わせ、消費者がオンラインから実店舗に戻る動きもみられます。一段の成長を目指し、事業間シナジーの創出を目指す創業者の鶴岡裕太氏に戦略を聞きます。

                                ゲスト:ベネフィット・ワン 白石 徳生社長

                                • 2022年2月16日(水) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  企業の福利厚生代行サービスを手がけるベネフィット・ワンは、JTBグループとの事業提携やワクチン接種支援事業などを通じ、会員拡大の加速と収益構造の多重化を急いでいます。2021年8月には同業JTBベネフィットの株式を譲受し、従業員会員数を上積みしました。福利厚生は働き手が就職にあたり重視する条件の1つとされ、需要の拡大が期待されています。白石徳生社長にDX(デジタルトランスフォーメーション)分野での事業拡大に向けた成長戦略を聞きます。

                                ゲスト:前田工繊 前田 尚宏社長

                                • 2022年4月7日(木) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  福井県に本社を置き、河川や道路の補強に使う土木資材を製造する前田工繊。創業100年を超える同社ですが、4代目の前田尚宏社長は、旺盛なM&A(合併・買収)を通じた成長を追求しています。M&Aでグループに加えた企業はいずれも「地方の製造業」。2013年に傘下に収めた子会社は再生に成功し、世界的な自動車レース「F1」と「NASCAR」に今年から鍛造ホイールを独占供給することが決まるなど、グローバルに通用する地域発ブランドの構築を加速しています。株式時価総額は10年でおよそ10倍に拡大し、世界最大の政府系ファンドであるノルウェー政府年金基金が大株主になるなど、地域企業としての存在感も際立ちます。前田社長に次の挑戦について聞きます。

                                ゲスト:マクアケ 中山 亮太郎社長

                                • 2022年2月21日(月) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  個人や企業が新製品の先行販売をインターネット上で公表し、応援したい消費者が購入できるプラットフォームを運営するマクアケ。量産前のテストマーケティングの場として、中小企業だけでなく大企業からの引き合いも増えているといいます。一方で、主要な経営指標である応援購入額(GMV)の伸びに鈍化傾向が見られるなか、今後の戦略とは。中山亮太郎社長に聞きます。

                                ゲスト:マネーフォワード 辻 庸介社長

                                • 2022年4月28日(木) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  マネーフォワードが高成長の継続に向けて、投資加速の姿勢を鮮明にしています。企業のバックオフィス向け『マネーフォワードクラウド』では、大規模な広告宣伝費の投入とともに、対応業務領域の拡大とサービスラインナップの拡充を進めます。家計簿アプリ『マネーフォワードME』では、積極的なM&Aや提携によるサービス・利便性の強化で、ユーザーの「お金の課題解決」を目指します。事業戦略と資本政策について、辻庸介社長に聞きます。

                                ゲスト:丸和運輸機関 和佐見 勝社長

                                • 2022年6月22日(水) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  小売業の物流業務を一括して受託するサードパーティ・ロジスティクス(3PL)を手がける丸和運輸機関。設立50周年の節目となる今年、10月に純粋持株会社体制に移行し、AZ-COM(アズコム)丸和ホールディングスに社名を変更する予定です。M&Aを積極的に進める方針の和佐見勝社長に成長戦略を聞きます。

                                ゲスト:三井住友トラスト・ホールディングス 高倉 透社長

                                • 2022年1月12日(水) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  大手銀行の一角で、三井住友信託銀行などを傘下に持つ三井住友トラストグループ。企業としての存在意義(パーパス)を「信託の力で新たな価値を創造する企業グループ」と定義し、銀行・信託両業務のハイブリッドモデルに磨きをかけます。成長に向けたキーワードに位置付けるのが「循環」で、家計、機関投資家、企業のそれぞれをつなぐ「資金・資産・資本の循環」と、個人についての「世代をまたぐ循環」とを、今後の成長機会ととらえます。とくに力を入れているのが、個人の資産形成と資産承継をサポートする取り組み。高倉透社長にこれからのかじ取りを聞きます。

                                ゲスト:ミンカブ・ジ・インフォノイド 瓜生 憲社長

                                • 2022年3月4日(金) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  株式情報メディア「Kabutan (株探)」などを展開するミンカブ・ジ・インフォノイドが、経営の両輪である「メディア事業」と「ソリューション事業」の強化を進めています。メディア事業では、資産形成メディア「MINKABU (みんかぶ)」のサービス拡充やリブランドをテコに、事業のターゲットを1300万人あまりの「投資家層」から1億人を超す「資産形成層」へと拡大します。ソリューション事業では、金融機関を中心にした顧客基盤に提供する情報ソリューションを一段と強化するとともに、最新テクノロジーを活用したシステムソリューションを新たに展開します。今後のポイントとなる金融仲介ビジネスなども含め、瓜生憲社長にこれからの戦略を聞きます。

                                ゲスト:武蔵精密工業 大塚 浩史社長

                                • 2022年1月19日(水) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  ホンダ系の自動車部品メーカー、武蔵精密工業が電動化など自動車産業の大構造変革をチャンスととらえ、攻めの姿勢を強めています。二輪車向けトランスミッションで30%超の世界シェアを握るなど、エンジンで生まれた回転力を駆動軸に伝えるパワートレイン部品で強みを持ちますが、電動化時代に向けて新製品の開発を加速。左右輪に適切な回転差をつけるデファレンシャル・アッセンブリーや回転速度を変える減速ギアなどでEV向けの戦略製品を相次いで投入しています。グローバル化率は8割を超え、顧客基盤、従業員構成の両面でバランスがとれたポートフォリオを組めていることも強みのひとつ。大塚浩史社長に、大変革期の戦い方について聞きます。

                                ゲスト:メック 前田 和夫社長

                                • 2022年4月6日(水) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  電子基板や部品製造向け薬品大手のメックが、半導体関連分野での存在感を高めています。パッケージ基板製造工程に用いられる銅表面処理剤で独占的シェアを持ちますが、高級スマートフォンの部品製造などで使われるエッチング剤も強化中。連結売上高の約10%をR&D予算に費やす研究開発型企業として、技術進化・産業発展への貢献を目指します。中期経営計画では、技術力を支えに、営業利益率20%以上、ROE10%以上を確保していく目標も掲げています。前田和夫社長にこれからのかじとりについて聞きます。

                                ゲスト:メディアドゥ 藤田 恭嗣社長

                                • 2022年5月9日(月) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  電子書籍の取次で国内首位のメディアドゥは、2021年に紙の出版流通大手であるトーハンと資本業務提携し、トーハンの筆頭株主になりました。コミックを中心に出版物の紙からデジタルへのシフトが進むなか、メディアドゥは国内外のM&A(合併・買収)で積極的な拡大戦略を歩んできました。トーハンとは紙の本や雑誌、写真集などに、デジタル技術を使った非代替性トークン(NFT)を「付録」として売り出す取り組みを開始。QRコードなどをスマホで読み取ると読者が特別な映像や音声を視聴できるもので、リアル書店の活性策につなげたいといいます。電子図書館なども本格展開するという同社の中長期戦略を藤田恭嗣社長に聞きます。

                                ゲスト:メニコン 田中 英成社長

                                • 2022年6月20日(月) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  メニコンの2023年3月期純利益は前期比5%増と、前期に続いて過去最高を更新する見通しです。コンタクトレンズの月額定額利用サービス「メルスプラン」の会員数が増えているほか、寝ている間に視力を改善するという「オルソケラトロジーレンズ」が中国をはじめとする海外で好調なことが背景です。日本で初めて角膜コンタクトレンズを開発した同社ですが、26年3月期までの中期計画では海外売上高を現在の26%から35%に高めることを掲げるなど、グローバル化でさらなる成長を目指すといいます。眼科医でもある創業家2代目の田中英成社長に今後の取り組みについて聞きます。

                                ゲスト:安川電機 小笠原 浩社長

                                • 2022年4月25日(月) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  安川電機の2023年2月期純利益が4年ぶりの最高益を更新する見通しです。製造現場の人手不足や自動車の電動化に伴う工場の自動化ニーズが高まり、主力のモーターやロボットの引き合いが強まっています。業績の先行指標となる受注高は21年12月~22年2月期に前年同期比32%増え過去最高を更新。人と一緒に作業できる協働ロボットなどの生産にも注力するなど前向きな投資を続けます。一方、コロナ禍で世界的に課題となっている部品の供給不足がネック。前期は部品調達難も響き、売上高、利益とも会社計画に届かず、マーケットは機会損失への対策を注視しています。小笠原浩社長を招き、さらなる成長戦略について聞きます。

                                ゲスト:ヤマハ発動機 日高 祥博社長

                                • 2022年4月11日(月) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  ヤマハ発動機の2022年12月期決算は連結売上高が前期比10%増え、初めて2兆円の大台に乗る見通しです。米国でプレジャーボートの船外機などマリン事業が大きく伸びているほか、コロナ禍で密にならない移動手段として二輪車の販売も好調です。このほど新たに発表した3カ年の中期経営計画では、主力の二輪車事業で電動バイクを24年までに10モデル以上投入する方針など脱炭素への取り組み加速を前面に出したほか、産業用ロボットや電動アシスト自動車を成長事業と位置づけています。一方で、赤字が続く先進国向け二輪車事業の立て直しや、シェアに課題が残る新興国向け二輪車事業の今後にも注目が集まります。日高祥博社長を招き、今後の戦略に迫ります。

                                ゲスト:ヤプリ 庵原 保文社長

                                • 2022年1月13日(木) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  アプリ開発のためのツールをクラウド経由で企業などに提供しているヤプリ。プログラミングの知識がなくてもアプリの開発や更新、分析までを行える「ノーコード」のニーズを取り込み、売上高は急成長しています。当初のターゲットは飲食店や個人などでしたが、最近では大手企業の引き合いが増えています。2021年秋からは顧客情報管理(CRM)システムの提供を始め、企業が独自の電子マネーやポイント会員を作ってアプリと連携できるようにするなど、機能拡充も急いでいます。先行投資に注力していることもあって21年12月期も営業赤字が続いたもようです。庵原保文社長に成長戦略を聞きます。

                                ゲスト:USEN-NEXT HOLDINGS 宇野 康秀社長

                                • 2022年3月31日(木) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  USEN-NEXT HOLDINGSが新たな4カ年の中期経営計画を策定しました。「ソーシャルDXカンパニー」となることを掲げ、デジタルトランスフォーメーション(DX)化支援を柱とすることを明確にしました。コロナ禍に伴う巣ごもり消費の加速もあいまって「U-NEXT」などコンテンツ配信事業が好調で、前回の中計を3年前倒しで達成。新中計では「U-NEXT」の会員増や店舗サービスの単価増など、B2C(消費者向け)、B2B(法人向け)の双方でさらなる成長を目指すうえ、財務体質の改善も加速します。創業から60年を超える同社の新たな成長戦略について、宇野康秀社長に聞きます。

                                ゲスト:夢真ビーネックスグループ 西田 穣 CEO

                                • 2022年5月23日(月) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  機械や電気系で製品開発に関わる技術者派遣のビーネックスグループと、建設現場の施工管理者の派遣で強みを持つ夢真ホールディングスが合併して、2021年4月に誕生した夢真ビーネックスグループ。お互いの得意領域を伸ばしながら、未経験者採用による社内育成のノウハウを共有し、労働人口不足が顕在化しているIT領域で事業拡大に取り組んでいます。統合のシナジーやさらなる業界再編に向けたM&A戦略などを、西田穣CEOに聞きます。

                                ゲスト:ラクス 中村 崇則社長

                                • 2022年5月26日(木) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  経理精算や労務管理など企業の業務効率化を支援するクラウドサービスを手掛けるラクス。オフィス業務のデジタル化を促す制度改正を追い風に、クラウド事業やIT人材事業など主要サービスの高成長が持続しています。経費精算システム「楽楽清算」の導入企業が4月に1万社を超えるなど、顧客基盤の着実な拡大が強みで、2026年3月期までの中期経営計画では年26~30%の売上高の伸長を目指します。積極投資により一段の成長を計画する中村崇則社長に、事業環境の変化に対応した新サービス開発の見通しや成長戦略を聞きます。

                                ゲスト:ルネサスエレクトロニクス 柴田 英利社長

                                • 2022年4月14日(木) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  半導体大手ルネサスエレクトロニクスが世界市場での競争力を高めています。海外同業の大型買収で得た製品・技術・人材の活用で事業の幅を広げ、収益力の強化にも余念がありません。現金創出力が高まっていることを背景に、早期に株主還元を始める方針も示しています。更なる成長に向けて、世界を相手にどう戦うのか。自動車向け、産業・インフラ・IoT向け両事業の戦略と、グローバル企業としての仕組み作りについて、柴田英利社長に聞きます。

                                ゲスト:ローソン 竹増 貞信社長

                                • 2022年2月3日(木) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  ローソンがウィズコロナ時代を見据えた新たなコンビニエンスストアのあり方を志向し、品ぞろえやサービスを抜本的に改革しています。このほど参入した店内の厨房を活用した宅配向けの調理事業を2025年度に1000店に広げるといい、コロナ禍で急拡大する宅配需要の取り込みを目指します。一方、店舗数を追う従来の拡大戦略を改め、既存店の改装を加速させて店舗ごとの競争力を上げることを優先。全国で画一的だった店舗運営についても、その土地ごとに変化をもたせた商品やサービスを届けられるよう、大がかりな組織変更を行いました。「新しい便利」を目指すという竹増貞信社長に、次の一手を聞きます。

                                ゲスト:ローツェ 藤代 祥之社長

                                • 2022年2月2日(水) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  半導体ウエハーの搬送装置などに強みを持つローツェの収益拡大が続いています。真空環境での搬送ロボットなど、「クリーン搬送」と呼ばれる独自技術に強みを持っており、半導体生産の微細化を支えます。早くからグローバル展開を進めてきたことも強み。中核工場を持つベトナムで生産設備拡充や高度化、人員の増強を進めるほか、中国でも2022年夏ごろから生産を開始し、世界中に分散する需要先が抱える半導体供給不安の解消への貢献を目指します。藤代祥之社長に今後のかじ取りについて聞きます。

                                ゲスト:ロードスターキャピタル 岩野 達志社長

                                • 2022年3月3日(木) 9:45~(「朝エクスプレス」内)

                                  都市部のビルを中心とした不動産投資やクラウドファンディングを展開するロードスターキャピタル。自己資金を使って物件に投資する「コーポレートファンディング」で残高を積み上げているほか、投資用不動産の運用を受託する「アセットマネジメント」も大型案件を増やしています。一方、個人投資家を対象に、クラウドファンディング方式で1万円から不動産投資できる事業も展開。5年前にマザーズ市場に上場した同社は、4月の東証再編で発足するプライム市場を目指すと発表し、1部以外からプライム市場を目指す数少ない企業のひとつとして話題を呼びました。岩野達志社長に成長戦略を聞きます。

                                ※ゲストの会社名および肩書は出演当時のものです。

                                ico_program 今日の
                                番組表
                                ico_cross 閉じる
                                • 04:00
                                  CNBC Program
                                • 05:00
                                  CNBC Program
                                • 06:00
                                  Meet The PressNOW ON AIR
                                • 07:00
                                  Asia Squawk Box
                                • 08:15
                                  朝エクスプレス
                                  8:15 海外市場振り返り
                                  テーマ
                                  コモディティ
                                  ゲスト
                                  日産証券 菊川 弘之氏
                                  10:05 為替解説
                                  ゲスト
                                  三菱UFJ銀行 亀井 純野氏
                                  10:15 ゲストトーク
                                  ゲスト
                                  インベスコ・アセット・マネジメント 木下 智夫氏
                                • 10:30
                                  朝エクスプレス
                                  11:00 証券会社中継
                                  ゲスト
                                  楽天証券経済研究所 香川 睦氏
                                • 11:40
                                  IPOのタマゴ〜磨けイノベーション
                                • 12:10
                                  ゲストトーク(再)
                                • 12:25
                                  昼エクスプレス
                                • 13:10
                                  日経ヴェリタストーク
                                  13:10 ゲスト
                                  ゲスト
                                  マネックス証券 松本 大氏
                                • 13:30
                                  FX経済研究所
                                • 13:45
                                  昼エクスプレス
                                • 14:15
                                  昼エクスプレス
                                • 15:15
                                  昼エクスプレス
                                  15:15 Insight
                                  ゲスト
                                  みずほ証券 小林 俊介氏
                                • 15:45
                                  きょうの株価 東証プライム 2本値
                                • 16:00
                                  Europe Squawk Box
                                • 17:00
                                  Europe Street Signs
                                • 17:25
                                  ビズ・レコ
                                • 17:30
                                  昼エクスプレス(再)
                                • 18:30
                                  TVショッピング
                                • 19:00
                                  Insight(再)
                                • 19:15
                                  カレイドスコープ
                                • 19:20
                                  パノラマ
                                • 19:25
                                  US Squawk Box
                                • 20:00
                                  FX経済研究所(再)
                                • 20:15
                                  US Squawk Box
                                • 20:30
                                  ガリレオX
                                • 21:00
                                  Insight(再)
                                • 21:15
                                  カレイドスコープ
                                • 21:20
                                  パノラマ
                                • 21:25
                                  US Squawk Box
                                • 21:55
                                  ビズ・レコ
                                • 22:00
                                  US Squawk on the Street
                                • 23:00
                                  US Squawk on the Street
                                • 24:00
                                  TechCheck
                                • 25:00
                                  Halftime Report
                                • 26:00
                                  The Exchange
                                • 27:00
                                  US Power Lunch
                                ico_goiken ご意見
                                フォーム
                                PAGE
                                TOP